トップページ | 破壊? »

2006年1月24日 (火)

ハイヒールの音

コツコツ、コツコツ…

電車から降り、いつもの帰り道を歩いていると、後ろから
コツコツ、コツコツ…

ハイヒールの音(歩いて、地面と接触する音)が聞こえた。音は激しく、走っているのだろうなと容易に想像できた。

後ろからけたたましくなる、ハイヒールの音。人間って、背後から近づいてくる音には非常に興味と恐れがあるはず。僕もそうで、後ろから近づいてくる音が、いったい何であるか、誰が近づいてくるのか知りたい欲求が募りました。

後ろを振り返りたい。しかし、それだとなんか負けたみたいで(何に?)、そんな欲求に負けちゃう自分が嫌で振り向かないでいたんです。

そんな自分の思いも知らず、音は大きくなるばかり。
うん。僕を抜かしたまえ。抜かした時に顔が見えるや。
駅から続く長い一本道。まだまだあるぞ。抜かしたまえ。
音は近づいてくる。
僕はペースを変えない。一歩一歩、歩を進める。
コツコツコツコツ…

音と共にその女の人が持っているであろう、バックが洋服とこすれる音もする。

急いでいるなら、早く抜かすがいい。

コツコツ、ザッザッ

コツコツ、ザッザッ

コツコツ、ザッザッ

近づいてくる?

もう抜かしてもよくない?

僕、普通に歩いているだけよ。

抜かせよ。

ん、ん、んもう!

ガマンしきれなくなり、後ろを振り返る。

若い女の人が、一生懸命頑張って走ってた。

顔だけ走ってた。
僕の歩調に負けるくらいのペースで。

抜かせれないのか…。

|

トップページ | 破壊? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/493805

この記事へのトラックバック一覧です: ハイヒールの音:

トップページ | 破壊? »