« あらぬ期待と見えぬ現実 | トップページ | ひとり即興芝居、あと20日あまり »

2006年2月15日 (水)

我が家のミステリー 「きゃあ!!」

うちには洗濯機がないので(いや、違う。洗濯機はあるのだけど、つなぐことができないので、洗濯物入れになっている)、いつもコインランドリーに行って洗濯をしています。


外が暖かい季節はいいのだけど、外が寒く、出て行きたくない季節には、わざわざ出て行くのが面倒くさく、でも、洗濯物はたまるという、どうしょうもない状態に頭を悩ませています(でも、まあ、行かざるを得ないのですけど)。



今日はそんな話ではなく、家で、いや、もしくはコインランドリーで起こっている、
奇妙なお話。


洗濯機に放り込んでいる洗濯物を取り出し、コインランドリーに持っていくため、
大きいボストンバックにつめなおす。
着いて、洗濯機に洗濯物を入れ、コインを入れ洗濯をする。
家にいったん帰る。
時間になり取りにいく。
洗いあがった物を、ボストンバックに入れる。
家に戻る。
洗濯物を干す。

いつもの手順。

しかし、干す時にときどき、思わぬことが起きている。

「靴下の片方がない!!!」


すべての手順を完璧にこなしていたはずなのに、どこかで、靴下の片方を失くしている。


道に落としたのだろうか?
洗濯機に忘れたのだろうか(張り付いているのだろうか)?
バックの中?
それとも、家の洗濯機の中に?
もしや、脱ぎ捨てて、部屋のどこかにある?


どこを隈なく探せども、でてこない。


ミステリ~


そんなこんなで消えていった、靴下片方露知れず。
しかも、一足対でなくなることはなく、
必ず、

か・た・ほ・う



なんで~

どして~

WHY?



わけわかぞうな私ですが、解決策は全くなく、相方を失くした片方君には泣いてもらって、役目を終えてもらっています。



いなくなった片方君。

もう怒っていないからでておいで~。

|

« あらぬ期待と見えぬ現実 | トップページ | ひとり即興芝居、あと20日あまり »

コメント

すっげぇありますね、そういうの
友達の中国人もおんなじこと言ってました。

片方の靴下が無くなるミステリーは世界共通とみた。

自分は自宅なのに、
洗濯機有るのに、
無くなるのは何故。

二十近くになる片方だけの靴下たちは、
洗濯物が溜まったときに、
どうしても代わりが居なくて緊急の時に、
別のペアとして組んでもらう時もあります。

わびしい一瞬ですけどね・・・

投稿: yuhki | 2006年2月17日 (金) 00時14分

みんな同じなんだね~。
うちにも相方を失くした靴下たちがいますけど、彼らは、ただ帰ってくるのを焦がれているだけで、出番は今のところありません。

yuhkiさんみたいに、相方を変えてみるのもいいかもしれませんね~。
別の道が開けるかも~。

投稿: りょーちん | 2006年2月17日 (金) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/722537

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家のミステリー 「きゃあ!!」:

« あらぬ期待と見えぬ現実 | トップページ | ひとり即興芝居、あと20日あまり »