« ばれんバレンタインデー | トップページ | 我が家のミステリー 「きゃあ!!」 »

2006年2月14日 (火)

あらぬ期待と見えぬ現実

筋肉を少々いじめすぎまして、整骨院に行かなくてはいけなくなりました。
はあ、自業自得とはこのことで、誰のせいでもございやせん。
はい、私が悪うござんした。
てな、もんです。

最近もっぱら、体の表面的な部分は健康だったので、整骨院に行くことはなく、久しぶりの受診でございました。

うつぶせにされ、後は、「まな板の上の鯉」ならぬ、
「マッサージ台のスキンヘッド」でございます。
そう、頭から下をタオルで覆ってくださったばかりに、僕の頭だけが出ているという、
当事者でも客観的に見てみたいという状況にされておりました。


最初のマッサージは、ここの男性院長先生がやってくださったのですが、
途中から、女性の先生に代わりました。


僕の意識も変わります。


下心があるわけでもなく、うん、ないはずよ、ないはず、
意識は先生の一挙手一投足にそそがれる。

先生は体の悪い部分、疲れている部分の話しをいろいろしてくれる。
その間僕は、その話にきちんと色をつけて答えつつも、
「先生、どんな顔してるのやろ?」
と、まだ見ぬ顔を想像する始末。


ま、おばちゃんでしょ。


あらぬ期待(なんの期待やねん)をしないよう自分に言い聞かせ、
先生の話だけに集中し、治療を終える。

「はい、終わりましたよ。ゆっくり起きてくださいね」
の先生の声で、顔を起こす。

先生の顔を見る。


今どきの若~くて、きれいな先生やんけ~!!


「あ」
と、先生に対してどんな反応をしていいかわからず、しずしずと去っていく先生を見送りました。



次の受診はいつにしよ。

|

« ばれんバレンタインデー | トップページ | 我が家のミステリー 「きゃあ!!」 »

コメント

わかるなあ、その気持ち。
というかうらやましいです。

投稿: ばっとまん | 2006年2月15日 (水) 14時32分

うらやましがられちゃった。

ばっとまん、紹介しようか?

投稿: りょーちん | 2006年2月15日 (水) 23時05分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/703367

この記事へのトラックバック一覧です: あらぬ期待と見えぬ現実:

« ばれんバレンタインデー | トップページ | 我が家のミステリー 「きゃあ!!」 »