« 「ばばあ」複数形 | トップページ | サイズのでかい男 »

2006年3月18日 (土)

女ごころと“春”の空

あれほど晴れていたのに、外に出たら雨が降っていました。

今日は友人の友人の披露宴があり、我が東京コメディストアジェイのメンバー有志で、お祝いパフォーマンスをしてきました。

終わった後、他の場所でご飯を食べて外に出たら雨…。

『女ごころと…なんとやら』

“秋の空”

だっけ?

なんで“秋の空”何だろ。春も変わりやすいのに。

春はプラスなイメージがあるからだろうか。恋人ができたりすると、 「春がきたよ」 とか言うもんな。

春の雨に打たれながら思う。新郎新婦お二人、末永くお幸せに。

|

« 「ばばあ」複数形 | トップページ | サイズのでかい男 »

コメント

ども。天気の話題に敏感に反応してしまいます。
「女心と秋の空」というコトバは、
「女心と春の空、男心と秋の空」というのが元々らしいです。
どちらも変わりやすいなあ…ということです。

気象的には、春と秋はともに高気圧が移動性となり、雨と晴が短い周期で変わります。
じゃあ、春と秋どっちが変わりやすいんだと聞かれると難しいところです。
体感的には、秋の方が、秋晴れで空気が乾いてからりとしたのと、雨の肌寒いとのコントラストがはっきりしているので、変わりやすいと思ってしまうのかな。

投稿: にいやん | 2006年3月19日 (日) 00時34分

>にいやんさん

やっぱ、「春の空」とも言うんだ。
初めて知りました。
ありがとう。

春の変わりやすさと、秋の変わりやすさの違い。

確かにわかりずらいですね。

その季節になって実感してみないことには。
そして、前の季節で感じたことなんて忘れてしまうんでしょうね。

投稿: りょーちん | 2006年3月19日 (日) 23時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1080932

この記事へのトラックバック一覧です: 女ごころと“春”の空:

« 「ばばあ」複数形 | トップページ | サイズのでかい男 »