« グランド・ロスペラモス・アペニオン(仮) | トップページ | いよ!!サスペンス »

2006年3月 8日 (水)

磨り硝子越しに

開場までのひととき

息抜きに近くのカフェへ

席が限られた店で、スリガラスを挟んで一つのテーブルに真向かいにもう一人の人と座る。

僕の真向かいの相手は、赤いニット帽をかぶった、年配の女性。手には雑誌。

立ち上がった時、ちらっと読んでいるページが見えた。

『静電気防止法』

と大きなタイトルで記事が書かれている。

分厚いコートを着込みながら、静電気のページを凝視する女性。

『静電気防止法』っていう法律だったらおもしろいなと思う、ガラス越し対面の僕。静電気を起こさせた店は、回数につき罰金払うの。

僕も乾燥肌で、静電気が気になるのはよくわかる(勝手に気にしている仲間にしているが)。この女性も冬場のパチパチに心を悩ませていたのだろうか。

無心に読んでいた女性はしばらくして、雑誌なのに、テーブルでトントンと揃えて、袋に入れて帰って行ってしまった。

「静電気ねえ〜」

さて、劇場〜。 今日は最終日。

|

« グランド・ロスペラモス・アペニオン(仮) | トップページ | いよ!!サスペンス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/959657

この記事へのトラックバック一覧です: 磨り硝子越しに:

« グランド・ロスペラモス・アペニオン(仮) | トップページ | いよ!!サスペンス »