« りょーちんのカフェ初めて物語 | トップページ | 春うららな陽気に誘われて »

2006年4月20日 (木)

ああ、麗しい勘違い男

こう見えて、私を文字だけからしか見えていない人もいると思いますが、私、法学部に在籍していたことあります。

「在籍していたことあります」
と、経験した的に話しているのは、

卒業していないからです。

途中で辞めちゃいました。

今日は何故辞めちゃったのかという話ではなく、授業中の出来事の話。

本を読んでいたら、大学の授業に関してのことが書いてあったので、ふと思い出したので。






大学1年の前期最初の民法の授業。

憧れの大教室での授業。

前で受けるほどの意気込みはなく、かと言って、後ろで受けるほど目はよくなく、
必然的に真ん中あたりに座り、授業を受けることにした。

先生(教授だったのかな)の授業に対しての説明が終わり、民法の内容についての講義に入る。

まだ友達もいなく一人でふにゃふにゃ、先生の話を耳の右から左に流して聞いていると、

先生が黒板に


『友利』


と、大きく書いた。



やべ、聞いていなかった。

ノート、ノートと、先生の文字を書こうとするのだが・・・・、


『友利』

ってなんだ?



ノートには書き付けるが、意味がわからない。





その後、何回か授業を受けるが、

先生が

『友利』

と書く時だけ、うまい具合に話を聞いていなく、全く意味がわからない状態が続いた。





なんて読むんだ。

「ともとし」?

「ゆうり」?

人の名前か?

法律用語なのか?



恥ずかしがりやな私は、自分での解決を望み、人には聞かない。



はて?・・・





・・・その解決は、何回目かの授業の時に訪れた。





絶対に聞き漏らさないぞと、全身に意識集中していた中、

先生が

「え~ここでは権利ということが・・・・・」

と言いながら、黒板に板書し始めた。

その時に書いた文字

『友利』

え?



そう、先生、達筆で、

「権利」の「権」の字が崩れて「友」という字に見えていたのだ。

他の文字はどれも読めるのに。

「権」だけは全く読めず。



「『権利』かい~!!!」





ノートの最初のページに戻り、全ての

『友利』



『権利』

に変える、若き日のりょーちんでした。

|

« りょーちんのカフェ初めて物語 | トップページ | 春うららな陽気に誘われて »

コメント

はい!
その黒板の文字が目に見えるように話しがわかりましたよ〜(笑)
大教室、懐かしいです。

投稿: 夕陽 | 2006年4月20日 (木) 00時39分

>夕陽さん

ノートにどれだけの「友利」があったかわかりませんが、
その文字を訂正している姿は、アホそのものでしたよ。

また、大教室で授業を受けてみたいものです。

投稿: りょーちん | 2006年4月20日 (木) 00時44分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1472488

この記事へのトラックバック一覧です: ああ、麗しい勘違い男:

« りょーちんのカフェ初めて物語 | トップページ | 春うららな陽気に誘われて »