« 人の振り見て我が振り思う | トップページ | マックで新人教育をする僕 »

2006年4月24日 (月)

開国ぜよ!りょーちんの夜明けは近い。

友人から小説を借りました。

タイトルは 「キャッチャー・イン・ザ・ライ」

外国文学・・・・・。





実は僕、小説はよく読むのですが、ほぼ日本の作家さんが書く小説で、外国の小説は読まないのです。

何故かと申しますと、



『出てくる人物の名前が覚えられないのぉ~!』



です。

さらに



『出てくる地名もよくわからないわぁ~』



なのです。




登場人物が小説に出てくる度に、目次に戻り、

「誰だっけ?」

と確認する始末。



何度もカタカナが出てくると、

「ひえ~。またカタカナじゃあ~」

と、カタカナアレルギーになる始末…。



そんなめんどくささから、外国文学を毛嫌いしてたのです。

その点、日本文学はイメージし易く、読みやすく

「ああ~。安心だわ。襲われる心配はないわぁ~」 と、

愛読しているのです。





だが、しかし、

このままじゃいかん。

いかんのです。

我が鎖国状態から

開国をしたいと思う衝動が出てきとるとです。

「りょーちんの夜明けは近いぜよ」

そう、自分が言うとるとです。

外国文学にも触れないかん。変わらないかん。新しい物に挑戦せないかん。

若き血潮が、そう言うとるとです。





というわけで借りました。サリンジャー。
お前は、僕のペリーになれるのか。



なれるかなれないかは、自分次第です。

|

« 人の振り見て我が振り思う | トップページ | マックで新人教育をする僕 »

コメント

島崎藤村の「夜明け前」という小説を思い出しました(違

ライ麦畑・・・を読んだのは中学だったかな?
私もカタカナ苦手です(>_<)
でも高校生で井上靖の「孔子」を読んだ時に漢字二文字の
キャラの多さに、三国志以来の知恵熱だしそうになりました爆

熟語なのか名前なのかわからないのですw
今だったらネットで辞典ひけば、楽なんでしょうけどね

そんなことを思い出しました

投稿: にゃんたん | 2006年4月24日 (月) 22時50分

>にゃんたんさん

何事も慣れですな。 

知恵熱出しつつ、頑張ります。

投稿: りょーちん | 2006年4月24日 (月) 23時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1522204

この記事へのトラックバック一覧です: 開国ぜよ!りょーちんの夜明けは近い。:

« 人の振り見て我が振り思う | トップページ | マックで新人教育をする僕 »