« こねくり回して頭こねくり回す | トップページ | 見栄なんてはらなきゃいいのにさ »

2006年4月28日 (金)

目には目を、鼻に閉じ蓋を!!

昨日の話




目的地に行くため電車に乗って、文庫本を読みながら座っていると、
隣に綺麗なブロンドヘアの外国人の女性が座ってきました。


綺麗だなとわかったのは、もちろん、目を文庫本から離し、顔を見たわけで・・・。


目をすぐに戻し(ずっと見ているほど不届きではないので)、文庫本の続きを読み始めました。




すると、 僕の鼻が何かを感じ、うずき始めたのです。

たどると、それは隣の女性からの強い香水の香。

それはもう、「香」なんていう代物ではなく、「匂い」ではなく「臭い」、
悪臭以外何者でもなかったのです。




「うう…。臭い」

かといって席を立つほど人間はできていなく。

こりゃあ、文庫本に集中するしかないなと、目をさらに一字一句刺すように追うのでした。

鼻はヒクヒクいいながら。




目が勝つか、鼻が勝つか。


ヒクヒク。

凝視。

ヒクヒク。

凝視。

ヒクヒク。

・・・。

臭い!!




鼻の勝ち。

集中できん。





無理だぁと、文庫本を閉じ、心の中でジタバタジタバタ。





その後、女性は降りていき事なきを得ましたが・・・。

しかし、意識をしないようしないようとすればするほど、意識してしまうものなんですね。

鼻は見事に反応していました。

「鼻に閉じ蓋を」 そう願う僕でした。

|

« こねくり回して頭こねくり回す | トップページ | 見栄なんてはらなきゃいいのにさ »

コメント

外人は消臭を考えずに匂いには更に強い匂いで蓋をしようとするので困りますよね。

投稿: 夕陽 | 2006年4月29日 (土) 00時50分

>夕陽さん

はい。困ったものでした。

僕の体の機能が、「匂いを感じる」だけになってしまったようでした。

投稿: りょーちん | 2006年4月29日 (土) 00時55分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1602304

この記事へのトラックバック一覧です: 目には目を、鼻に閉じ蓋を!!:

« こねくり回して頭こねくり回す | トップページ | 見栄なんてはらなきゃいいのにさ »