« カウンター内にすきまなく横一列に並ぶ | トップページ | 「あ、咲いた」僕の目の前で »

2006年4月 2日 (日)

僕→(両親←娘)

某カフェへ(カフェ好きです、僕)



仕事の打ち合わせ。

コーヒーを手に持ち、椅子に座る。


しばらく打ち合わせをしていると、隣に家族が座ってきた。
お父さん、お母さん、娘の3人。しかし、椅子は二つ。

どうするのかな、見守ることなく、女の子は席から離れていってしまった。



その後、隣は気にせず、話に集中していたが、しばらくすると、女の子が戻ってきてお母さんにもじもじし始めた辺りから、再度気になり始めてしまった。



「もうマンガ読むのをやめて外出ようよ」

(えっ?)

話に集中しながらも、隣を盗み見る。

お父さんもお母さんも、なんとずっと娘をほっといて、買ってきたばかりであろうマンガを読んでいるのだ。たぶん、座ってからずっと。

(二人して?娘ほっといて?)

しかも、ぐずる女の子に「やめなさい。邪魔しないの」 と言う始末。

(なんじゃこの親は!)

普通、逆じゃないの?子供がマンガ読んでて、親が「やめなさい。行くよ」って。

隣に呆れながらも、打ち合わせに集中する。



女の子は、お父さんにターゲットを代える。

「もう行こうよ。マンガ読むのやめて〜」

しかしお父さんは、娘に目もくれることなく、邪険に扱う。

「うるさいなあ」

(うるさい?なんじゃそりゃ)

立場が逆転である。



その後二人は読み終わったのか、僕が打ち合わせに集中している途中で、いつの間にかいなくなってしまった。

買ったマンガを家に帰るまで待ちきれずに読む。娘の席は気にせず、親が座って読み始める。娘がぐずる(しかも正当な理由だ)のをうるさいと一喝。

娘のがしっかり者に見えたよ。たぶん、普段でもこうなのであろう。



両親のあり方に疑問を持った、カフェでの光景でした。

|

« カウンター内にすきまなく横一列に並ぶ | トップページ | 「あ、咲いた」僕の目の前で »

コメント

子供は親を選べませんから。
奥さんと躾のできていない子供からわざと離れて座るお父さんもよく見かけますねー

投稿: 夕陽 | 2006年4月 3日 (月) 09時59分

>夕陽さん

コメント、こちらに移動しちゃいました。

そうですね。子供は選べないですからね。
その時見た女の子は、親を反面教師にしているからか、しっかりしていました。

親もスタバだけしか見ていないので一概に駄目だとは言えないですけどね。

投稿: りょーちん | 2006年4月 3日 (月) 10時02分

お手数おかけしちゃいました!
ありがとうございます。
最後は自分自身ですね。
賢明に生きていきたいですね~

投稿: 夕陽 | 2006年4月 3日 (月) 14時58分

>夕陽さん

いいえ~。

そうですね。しっかり生きていきたいですね。
ただ、まわりの人への感謝を忘れずに。

投稿: りょーちん | 2006年4月 3日 (月) 15時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1250762

この記事へのトラックバック一覧です: 僕→(両親←娘):

» 原宿のサクラとカフェの話。 [デザイン・フェスタ ブログ]
みなさま、こんにちは!おひさしぶりにブログります。 今日は原宿でもサクラが見れるのだぞー。というお話です。 いつもオフィスの3階で仕事をしているのですが、大きな窓があり、そこからバッチリときれいなサクラが眺めれるです。特に今日は天気もよく、風も気持ちよか... [続きを読む]

受信: 2006年4月 5日 (水) 12時38分

« カウンター内にすきまなく横一列に並ぶ | トップページ | 「あ、咲いた」僕の目の前で »