« ミイラ取りがミイラになるのを自分ひとりでやる | トップページ | 食べるの食べないの・・・どっち? »

2006年4月15日 (土)

ライバルと僕との第二章が始まる

「そっかあ、僕は頑固だったかぁ~。そうかもな。それは今も変わっていないや。多少丸くなったけどね」

僕ははにかみながら、言った。

T君は、僕の目を見て話を聞いてくれてる。

いい安心感がある。

しかも、中学の時の僕の印象を、僕が自分を覚えている以上に的確に表現してくれたのだ。

あ~、そうだった。僕は、こんな奴だった。

改めて自分が繋がった。

あれだけ、過去の自分と距離をとっていた自分が楽になって、過去の自分をきちんと受け入れれるようになった。

T君ありがとう。

今日の日は、決して忘れない。







ミクシィが、こんなに便利だとはね。

中学時代の同級生、T君が僕を見つけてくれたのだ。

「もしかして、亮君?」

わ、懐かしい。

T君にネットを通じて再度会えるなんて。

ネット社会も悪くないな。そう思った。





時間を決めて、久方ぶりに会うことになった。

うれしい。

T君には思い入れがいっぱいある。


僕は、中学の時、T君を非常に意識していて、彼に勝つことを目標にしていた。
勉強がすごくできて、彼に勝たないと、一番になれない。
とにかく負けまいと、頑張って勉強した。
負けず嫌いだった。
負けたくなかった。
でも、あこがれだった。
ライバルだった。


そのT君に会う。

心は躍る。

いったいどんな感じなんだろう。
何より、僕はどんな感じになるのだろう。







中学の思い出話をいっぱいした。

今やっているお互いの仕事の話をした。

サッカーの話をした。

お互いのこれからのことを話した。





T君は、中学の時と変わらない、純粋なT君で。

さらに、芯を太く持った、大人のT君で。





僕はうれしかった。

会えたことがうれしかった。

過去を思い出せたからじゃない。

僕とT君を通して、お互いの過去と現在が繋がり、未来が見えた。





「僕も頑張る。亮君も頑張って」

お互い進んだ道は違うけど、僕らは再度出会った。

きっと必然だったのだと思う。





ありがとう。

これからもよろしく。

お互いがんばろう。

|

« ミイラ取りがミイラになるのを自分ひとりでやる | トップページ | 食べるの食べないの・・・どっち? »

コメント

同級生?
またmixiで繋がったのね?
恐るべし、mixi☆

T君って誰だろう?

一緒に頑張った友達って、今でも一緒に頑張れるよね。

投稿: こばち | 2006年4月15日 (土) 17時28分

俺もさぁ、久しぶりの再会や新たな出会いが増えてきてるんだよね、mixi以外でもさ。誰にでもそういう時期があるんだろうなぁ。でも、それってとても嬉しい事だよね。そういう人生の流れに「ありがとう!!」って気分でしょ。

投稿: ゴン | 2006年4月15日 (土) 22時03分

>こばちさん

この歳で、また会えたってのがうれしかったね。
向こうもがんばってる。
小さい時から知っているだけに、奴が頑張っているなら、俺もがんばんなきゃって、ほんと思うよ。

投稿: りょーちん | 2006年4月16日 (日) 00時03分

>ゴンさん

うん。これも流れだよね。
会うべくして会った気がするよ。

うれしかった。
ありがとだね。

投稿: りょーちん | 2006年4月16日 (日) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1407691

この記事へのトラックバック一覧です: ライバルと僕との第二章が始まる:

« ミイラ取りがミイラになるのを自分ひとりでやる | トップページ | 食べるの食べないの・・・どっち? »