« 目には目を、鼻に閉じ蓋を!! | トップページ | マックるときマックればマックろう »

2006年4月29日 (土)

見栄なんてはらなきゃいいのにさ

下北沢駅北口




階段の踊り場で、若い男と女が面と向かっていた。

いや、正式に言うと面と向かっているわけではない。

女は男を真正面から見つめ、男は顔をそらしていた。





別れ話だろうか。

男は大概弱いものだ。顔を見れない。





声は聞こえないので、しぐさや表情で状況を読み取る。



女は手の指先を男のシャツの袖に引っ掛けている。
男は、手をジーンズのポケットに突っ込んでいる。



女が主導権を握っているのだろうか。



やがて、男は女に向き直り、正対するようになった。



男、どうするのだろうか。



と、途端、女は階段を一人で駆け足で登って行ってしまった。

男、突然の出来事に、追いかけるのが半歩遅れる。



女は改札から中に入ってしまい、消えてしまった。



男は改札の中には入ったものの、立ち尽くすしかなかった・・・。





女があんなに正対することを望んでいたのに拒み、
ひとりで行ってしまったら追いかける。

押せば引き、
引けば押す。



悲しい結末にならなければいいが・・・。




男は皆、バカでかっこつけで・・・。

甘えん坊で寂しがり屋で・・・。



見栄なんてはらなきゃいいのにさ。

|

« 目には目を、鼻に閉じ蓋を!! | トップページ | マックるときマックればマックろう »

コメント

>押せば引き引けば押す。男は皆、バカでかっこつけで甘えん坊で寂しがり屋で・・・。悲しい結末にならなければいいが・・・。

全くその通りですね。

気持ちと言葉と行動が一致するのは大変ですね。

男は皆、バカでかっこつけで・・・。

甘えん坊で寂しがり屋で・・・。

見栄なんてはらなきゃいいのにさ。

投稿: 夕陽 | 2006年4月29日 (土) 00時56分

>夕陽さん

強がっちゃうんですよね。弱いのを認めるのが怖いから。

認めちゃうと強いです。

投稿: りょーちん | 2006年4月29日 (土) 01時33分

男って馬鹿だよねー
それは思う(笑)

だって、私も馬鹿だもん(涙目)

投稿: あきら | 2006年4月29日 (土) 09時29分

目をそらされてしまうと言わなくちゃいけないことが
ちゃんと言えないですよね。
言葉までそれて届かない気がするから

投稿: にゃんたん | 2006年4月29日 (土) 12時05分

それでも愛しく感じさせるのが本物の男★
本当はすごく弱くて女々しくて…。
そこを強がっちゃうから、ほっとけない!!
みたいなね♪
自分の弱さを認めてる人なら、後悔することも少ないのかもね★

投稿: マミ | 2006年4月29日 (土) 19時35分

ほんとほんと~見栄なんかはらなきゃいいのにぃ~

って思うけれどぉ、
女もおんなじ!?

かっこわるそうなことが、ほんとはかっこいいのかも~
なかなかできてないけどけどうんこらしょって、そうしたいにゃ~
できたらいいにゃ~
ありがとう~りょーちん♪

投稿: よーこ | 2006年4月30日 (日) 03時45分

>あきらさん

うん。男ってバカですよね。
僕もバカ。
だから、自覚するようにしてます。

投稿: りょーちん | 2006年4月30日 (日) 16時45分

>にゃんたんさん

そうですね。
自分の方を向いてくれないと、言葉も受け流されているように感じてしまいますよね。
特に自分がきちんと受け止めてほしい話をしたいなら、なおさら相手がどういう状態でいるか気になりますし。

投稿: りょーちん | 2006年4月30日 (日) 16時56分

>まみさん

女々しい同好会の一員として、まみさんの発言は嬉しい限りです。

女々しい私ですが、これからもどうぞよろしくお願いします。

投稿: りょーちん | 2006年4月30日 (日) 16時58分

>よーこさん

自分の弱い部分を知って、そんな自分でもいいと思うことが大事だよね。みんな弱い部分を持っているわけだし。
そこを受け入れ合うのが、恋愛関係に限らず、人と人の関係で大事なんだと思う。

投稿: りょーちん | 2006年4月30日 (日) 17時03分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1608177

この記事へのトラックバック一覧です: 見栄なんてはらなきゃいいのにさ:

« 目には目を、鼻に閉じ蓋を!! | トップページ | マックるときマックればマックろう »