« 「あ、咲いた」僕の目の前で | トップページ | たった一つの親父の味 »

2006年4月 3日 (月)

本屋は僕を惑わせる

ついつい吸い寄せられちゃうんだよね。

本屋って。

買う本があるわけではないのだけど、本屋を見ると入らずにはいられない。

入ると、スポーツ紙を立ち読みでチェックして(本屋さんごめんなさい)、いい小説がないか見回る。

買う本、作家を決めて見ている訳ではないから、ぶらぶらするだけ。

たまに、自分が考えてもいなかった本に出会って、衝動買いするときはあるけど。

これって、自分の性分をよく表しているのかなと思う。人生と同じで、『目的』がしっかりしていなうと、アチコチ行ってしまう。買う本が決まっていれば、時間も節約できて、有意義に動ける。

とは建て前で言っても、本屋でぼーっと過ごす時間ってたまらないのよね。いろいろな発見があったり、知識を得れて。

ビデオレンタル店でも同じようなことしちゃいます。

無駄と思われる時間ほど、実は楽しい。有意義な時間。

|

« 「あ、咲いた」僕の目の前で | トップページ | たった一つの親父の味 »

コメント

分かるよぉ、分かるっ!!! 本屋って吸い寄せられるよねぇ。俺も訳も無く入ってウダウダ過ごしちゃうんだよね。で、そそられる本に出会った時の嬉しさったら。分かるよね、りょーちんならさ。最近は古本屋にも吸い寄せられる俺であります。

投稿: ゴン | 2006年4月 3日 (月) 22時59分

>ゴンさん

わかるよ~。わかる。
一緒一緒。
僕もね、古本屋にも吸い寄せられるのさ。
こちらのが衝動買いが多い。

立ち読みをしながら、どれにしようかななんて考えているのが楽しいのさ~。

投稿: りょーちん | 2006年4月 3日 (月) 23時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1266368

この記事へのトラックバック一覧です: 本屋は僕を惑わせる:

« 「あ、咲いた」僕の目の前で | トップページ | たった一つの親父の味 »