« 僕のあくびにつられて、あくび、あくび | トップページ | 引越し希望先、見つかる!! »

2006年4月17日 (月)

窓際に置かれた目覚まし時計についての考察

窓際に置かれた目覚まし時計。



住宅街を歩いていて、ふと、アパートに目をやると、出窓の棚の部分に、目覚まし時計が置かれているのが見えた。その奥にはカーテンがひかれている。

つまり、部屋の中から見ると、カーテンの外側に目覚まし時計が置かれている形だ。

すなわち、部屋の中からは目覚まし時計は見えなく隠れているのだ。




何でここに置かれているのだろうか?

誠に、そこの住人にとっては勝手なことだが、考えて見ることにした。




置く場所がなく、そこに?

いやいや。

それでは普通過ぎる(普通でいいのだが)。




きっと、そこに住んでいる人は朝の弱い人で、部屋には何個もの目覚まし時計が置かれていて、特に窓際に置かれている時計は特に強烈なもので、普段動いているチクタクの音もうるさけりゃ、目覚ましのベルの音もうるさい時計なのだ。

普段の音がうるさくて気になるから、カーテンで隠してあるんだ。

この目覚ましは、住人にとって、最終手段。これで起きれなきゃ、もう起きれないのである。

住人は朝が弱く、低血圧なのだ。

ということは、女性?

そして一人ぐらし!

・・・・・。




目覚まし時計から離れてしまった・・・。




とにかく、何度も彼女の遅刻をすんでで助け、何度も投げられ、叩かれている、勇者の時計なのである。

きっと。

たぶん。

・・・・・。




考察終わり。

|

« 僕のあくびにつられて、あくび、あくび | トップページ | 引越し希望先、見つかる!! »

コメント

勇者の時計、っていいね!
わたしの勇者の時計は最近ふてくされ気味で、お勤め放棄することがしばしばです。投げつけすぎたかな^^;

投稿: よこ | 2006年4月17日 (月) 21時46分

>よこさん

勇者の時計・・・。


もしかしたら、使われず忘れ去られた時計かもしれませんが。

投稿: りょーちん | 2006年4月17日 (月) 23時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1433522

この記事へのトラックバック一覧です: 窓際に置かれた目覚まし時計についての考察:

« 僕のあくびにつられて、あくび、あくび | トップページ | 引越し希望先、見つかる!! »