« 二人のハートを壊さないよう・・・ | トップページ | 月末の実感の仕方 »

2006年5月31日 (水)

これまでにない多くの人から見下ろされる

夜の満員電車。

「しまった!座ってしまった」

空いていたことをいいことに座ってしまった。 その時には、こんなことになるなんて思ってもいなかった。





座った時には、座席は全て埋まり、立つ人はドアの周り付近に立っているだけだった。

しかし、発車時間が近づくにつれ、乗り込んで来る人・人・人。

あっという間に、僕の周りは人で埋め尽くされ、身動きが取れないことになってしまった。




座っている僕の足に寄りかかる足。

僕が座っているところを通り越して、後ろの窓に手をつく人。





もう、どこを見ていればいいのやら。

とりあえず、目を瞑る。

瞑るしかない。




しかし参ったな。

ところで、僕、降りられるのか

これは小田急線。

僕は下北沢より、東北沢のが家が近いので、小田急線の時はそこで降りる。




目を開け、周りを見渡す。

いや、見れる部分だけ、見渡す。

「無理だな、こりゃ」

もう一度目を瞑る。




すると、急に、宇宙人が打つような光線の音が、

「ピュルル~ン。ピュルル~ン」

ビックリして、目を開け、音の出所を見る。

・・・。

目の前の人の携帯が鳴ったらしい。




近い距離だからビックリしたよ。

変な音だったし。




「はあ」

また、目を瞑る。

たぬき寝入り




東北沢に間もなく着く。

誰も動く気配はない。



到着。

誰も動く気配はない。



僕、動ける気配はない

「無理」

下北沢まで行くことにする。

「ま、5、6分変わるだけだしね・・・、うん」




のしかかる足。

覆いかぶさる体。





お酒臭いし・・・。

うう・・・。

次は絶対降りる。




下北沢では、多くの人が降り、それに便乗して降りる僕でした。

「降りる~、降りる~」

って言ってね。




ありゃあ、「僕、降ります」って言っても、東北沢では降りれんかったよ。

座らなきゃよかった・・・・・。

|

« 二人のハートを壊さないよう・・・ | トップページ | 月末の実感の仕方 »

コメント

災難だったねぇ!確かにおりられないだろうなぁ、、おつかれさまっ!

投稿: よこ | 2006年5月31日 (水) 08時13分

小田急は本当にダメですね無理です!!

昔は井の頭線と、埼京線は痴漢が多かったけど今はどうなんでしょ?

投稿: にゃんたん | 2006年5月31日 (水) 10時42分

>よこさん

はい。災難でした。自分で撒いた種ですが・・・。

でも、まあ、下北沢で降りれてよかった。
ここで降りれなかったらどうしようかと思ったもん。

投稿: りょーちん | 2006年5月31日 (水) 10時49分

>にゃんたんさん

痴漢事情はどうなんでしょう。
情報に疎く、よくわからないのです。ごめんなさい。

井の頭線も、朝や終電はえらいことになっています。1本か、2本、乗れずに見送ることもありますもの。

どうにかならんのかな。

投稿: りょーちん | 2006年5月31日 (水) 10時52分

大変でしたね〜降りられて良かったですね。
こちらまでほっとしました。
私も小田急と井の頭線使っていましたけど混むし,痴漢は多いしで大変でしたー

投稿: 夕陽 | 2006年6月 1日 (木) 02時14分

>夕陽さん

はい。降りられてよかったです。ほんとに。

やはり痴漢多いのですね。
僕も気をつけなくては・・・違うか(>_<)

投稿: りょーちん | 2006年6月 1日 (木) 12時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2004705

この記事へのトラックバック一覧です: これまでにない多くの人から見下ろされる:

« 二人のハートを壊さないよう・・・ | トップページ | 月末の実感の仕方 »