« 坊主が上手に坊主になった | トップページ | 雨の日の多さを実感した昼下がり »

2006年5月22日 (月)

行動学に基づく、無意識的行動とホニャララ

ファーストフード店内

男子大学生風の集団と、僕一人。


集団は、もう、あらかた食べ終えたらしく、話に夢中。

僕は、ポテトに夢中。





本を片手にポテトを片手に、いつものポーズで食事をしながら、

隣のテーブルにいる集団に目を移すと、

彼らは、話をしながら面白い行動をしていた。




集団4人とも、トレイの上にあった紙という紙類を片っ端から千切りだしているのだ。

とにかく途絶えることなく。

トレイの上にたまる、千切られた紙の山

ただただ、同じ行動を繰り返している。




はたして、これは無意識でやっているのだろうか、意識的にやっているのだろうか。




僕も、時々これっぽいことをやる。

話をしながら、紙を折りたたんでいたり、千切っていたり・・・。
何かをしながら、なにやら行動している。



多分、無意識に意味のない行動をしているんだと思うが。

電話中とかに、メモ帳に意味のない字を書いたりする人もいるって聞いたことがある。



人というものは、何かをしながらでも、無意識的に他の行動をすることができる生き物なのだろうか。





なんて考えていたら、彼らの一人が

「カブトができた」

と、千切って折り曲げて作った物を、頭の上に載せて友達に見せびらかしていた。





・・・・・。

彼らは、意識的に千切っていたらしい。

|

« 坊主が上手に坊主になった | トップページ | 雨の日の多さを実感した昼下がり »

コメント

あれだ
前世がハムスターなんだよ(笑)

投稿: あきら | 2006年5月22日 (月) 00時55分

>あきらさん

そうなのかもしれない。
みんなでそれはそれは細かく紙を千切っていたさ。

ファーストフードに居過ぎて、時間を持て余していたのかもしれないね。

投稿: りょーちん | 2006年5月22日 (月) 10時49分

私もやっています(〃∇〃)

うざいと言われたことも
子供じゃないんだからと言われたことも・・・
でもなんか、手が寂しいんですよ

投稿: にゃんたん | 2006年5月22日 (月) 22時47分

>にゃんたんさん

うん。わかるわかる。
僕がそうしてしまうのも、手が寂しいからなんでしょうね。


僕って寂しがり屋なんですね。
あらためて、実感。

投稿: りょーちん | 2006年5月22日 (月) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1886412

この記事へのトラックバック一覧です: 行動学に基づく、無意識的行動とホニャララ:

« 坊主が上手に坊主になった | トップページ | 雨の日の多さを実感した昼下がり »