« 女子高生の品評会が始まる | トップページ | こんなことで怒っちゃう僕 »

2006年5月 3日 (水)

毎年同じであることがうれしい

親と言うのは、うざったくもあり、だけど・・・。






実家を離れ、もう10年近くになる。

実家を離れた時、強く思ったのが、親の存在の大きさ。

母親がどれほど自分を愛し、自分のために時間や全てを費やしてくれたのか。

父親がどれほど自分を叱咤し、自分を思ってくれたのか。

離れた分だけ、大きく知ることができた。






父親と母親と一緒に、父親の行きつけのスナックに行った。

ここは、高校生の時から、父親に連れて行ってもらっていたスナックで。

もちろんお酒ではなく、当時はレモンスカッシュ(通称レスカ)を飲んでいたが。

夕食を取った後、ここに行こうという話になった。






飲み始めると、寡黙な父は、雄弁に語りだす。

「今、仕事はどんな調子なんだ?」

「やりたいことで食っていけるのか?」

「やるからにはな、とことん・・・」

僕を見ずにお酒を見ながら、僕に言う。



母も父に同調しながら、同じ話をする。



「ああ、わかっているよ」

二人の話に、レスカを久しぶりに飲みながら答える。
何回も言われていることだ。
わかっている。






カラオケを歌う。

この場に合わせて、演歌を歌う。
ことのほか好評で、リクエストが来る。

「うまいねえ。森山直太郎のさくら歌ってよ」

「俺に似てうまいんだよ」
父が口を挟む。

僕の声は父に似ている。

最近、父の声や、しゃべり方に似てきた自分がいて、なんかうれしくなる。




最後に父とデュエットで歌った。
必ずここに来る歌う歌。

ジョージ山本と木梨憲武の
「ROMAN」。


二人して照れながら歌った。
それを母は喜んで見ていた。






来年帰ってきても、また、このスナックにつれてくるだろうし、この話をするだろうし、カラオケであの歌を歌うだろうし・・・・・。


毎年同じであること。

それは、ほんとにうれしいこと。

|

« 女子高生の品評会が始まる | トップページ | こんなことで怒っちゃう僕 »

コメント

レスカって最近使わない言葉なんだよね

私も普通に喫茶店でレスカお願いしますって頼んだら、おねえさんが「はっ?」って顔した(涙目)

友達は知っていたけれど、飲食店系である程度アルバイトしている人じゃないと今は使わないらしい。。。

投稿: あきら | 2006年5月 3日 (水) 04時59分

涙いがい何も出ない。

投稿: おだ | 2006年5月 3日 (水) 13時10分

>あきらさん

僕もこの店だけでしか使いません(涙)。

というか、この店だけでしか飲みません。
この店のレスカはすごくおいしいんです。
レモンに、さらに蜂蜜を混ぜて、上品な甘さで。

投稿: りょーちん | 2006年5月 3日 (水) 15時40分

>おださん

親と子。特に父親と息子というのは、あまり言葉数を交わすのが少なくて。だから、二人きりになると照れくさくいたりします。
母とは友達のように言葉を交わすのですが。

父と母がいるから僕がいる。

なんか当たり前のことですが、ありがたく、感謝でいっぱいです。

おださん、コメントありがとう。

投稿: りょーちん | 2006年5月 3日 (水) 15時49分

素敵な話だね、マジで。俺もさ、りょーちんと同じようなことを思うよ。この両親のお陰で、今の俺があるってね。感謝しても仕切れないよね。そして俺も母親とは、よく話をするけど、親父とは何かうまく話せないんだよ。妙な照れがあってさ。これって何なんだろうね。でも、ちゃんと通じ合ってるんだろうなって思う。更に同じくなんだけど、親父に似てきているんだろうなと感じる俺がいる。最も身近にいる男の先輩だからね。どうしたって似ちゃうんだろうな。りょーちん、今度久しぶりに会って飲もうよ。

投稿: ゴン | 2006年5月 4日 (木) 01時34分

素敵なご家族の素敵なお話ですね。
なんだか胸がいっぱい…
 

投稿: 夕陽 | 2006年5月 4日 (木) 02時11分

>ゴンさん

なんだろね。男って、やっぱ父親を意識して生きているんだと思う。
俺は、父親には言っていないけど、父親のこと尊敬しているし、ああいう父親になりたいなと思ってる。
駄目なとこももちろんあるけどね。
それはそれで父親の愛らしさというか、人間らしさというか。
父親をやるのに完璧はないわけで・・・。

うん。今度飲みましょう。

投稿: りょーちん | 2006年5月 4日 (木) 02時31分

>夕陽さん

ありがとう。

素敵だと言われるのはうれしいです。

投稿: りょーちん | 2006年5月 4日 (木) 02時35分

毎年同じことをするって、簡単にみえて本当は難しいことなんだよね。
お父さんもお母さんも、りょーちんも3人が同じ気持ちだから続けられること。。
素敵やん☆☆
親子愛やん★★
これからも毎年続けていってほしいな(^-^)

投稿: マミ | 2006年5月 5日 (金) 09時37分

>まみさん

ありがとう。
うん。毎年続けていきたいなと思うよ。
ま、連れて行ってもらっているだけという見方もできますが(汗)。

投稿: りょーちん | 2006年5月 5日 (金) 11時20分

なんか嬉しいですよね^^

で、すっごい素敵だとおもいます
家族っていいなぁw

投稿: にゃんたん | 2006年5月 6日 (土) 09時24分

>にゃんたんさん

照れます・・・。

「家族」

支えられているなあって思います。
こちらからも支え返してあげないといけないんですけどね。

投稿: りょーちん | 2006年5月 7日 (日) 22時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1655237

この記事へのトラックバック一覧です: 毎年同じであることがうれしい:

« 女子高生の品評会が始まる | トップページ | こんなことで怒っちゃう僕 »