« こんなことで怒っちゃう僕 | トップページ | もったいないオバケと格闘する »

2006年5月 5日 (金)

目に見えないアイツが襲ってくる

それは突然襲ってくる。

僕は、自分で意図しているわけではないんだ。
それに予測できているわけでもないんだ。

突然、何の前触れもなく、僕が仕向けるのでもなく、やってくる。



防ぎようがあるかって。

奴を見ることはできないんだ。

鏡でもあれば別だが。

でも、常にチェックなんて、絶対できない。

だから、奴がやってくるのを防ぎようがないんだ。





今日も朝にやってきた。

唐突だった。

起きて、ボーっとして、瞬きをしたら痛い。

こりゃあ、もしかしてアイツが襲ってきたのかも。

え、そんな!!

慌てて、台所へ。

鏡を覗いて見たら、



いた。



そう、



まつげ!!!






僕のまつげは、女の人にはうらやましがられるかもしれないけど、カールしていてすごく長い。

「かわいいね」

と、言われてすごくいい気分なのだけど、

こいつが時々たまらないほどの痛さを持ち込んでくる。



長いからなのか、よく目に入るんだ。

裸眼の時ならまだしも、コンタクトをつけているときに入ったものなら、もう

「いてえ!!!」

村中聞こえるくらいの声で叫びたくなってしまう。






入るだけじゃないんだ。

こいつ、いつもとは逆さになって攻撃してくる時もある。

瞬きするたびに痛いと思って鏡を見たら、

「逆さまつげになっておる!!!」



ブルータスお前もか。

裏切られたシーザーの気持ちが痛いほどわかる。

ま、現実、目が痛いのだけど。

毛先を上に向けとけばいいものを、何の因果か、下にむけやがる。

意味がわからん。





と、まあ、一日一回はまつげと格闘しているわけなんです。



まつげさん。

抜けるのは構いません。

自然の摂理、いや人間の法則ですから。

しかし、抜けるなら、僕に気づかれないよう落ちてね。

まるで、敵をとるみたいに、道連れにする必要、全くないから。

|

« こんなことで怒っちゃう僕 | トップページ | もったいないオバケと格闘する »

コメント

確かに、子供の頃りょうくんまつげ長かった。
うらやましいくらい。

うちの弟も長くて。
わたしは、長くない。
なんで??
ってずっと思ってた。

ちなみにうちの娘長いのよ~。
旦那に似て(汗)

投稿: YAKO | 2006年5月 5日 (金) 18時44分

まつげ長い人のほうが目にゴミやまつげがはいる
確率が高いような気がするんですが・・・なんでかしら?

目が大きい人じゃないのに、おかしいよねえ?(._・)

投稿: にゃんたん | 2006年5月 6日 (土) 09時20分

この前は分からなかった!
今度じっくり見てみようっと。
私も長くなりたい。。。

投稿: れいんぼーむーん | 2006年5月 7日 (日) 02時19分

>YAKOさん

YAKOちゃん、そんな小さい時のこと覚えていてくれるなんて、うれしいね~。

旦那さんも長いんだね。
YAKOちゃんの周りの男性だけ・・・。

投稿: りょーちん | 2006年5月 7日 (日) 22時25分

>にゃんたんさん

僕は目も大きいので、さらにゴミとまつげが入る確率が高いようです。困ったモンで。

まつげ、あるのにね。ほんと、おかしなもんです。

投稿: りょーちん | 2006年5月 7日 (日) 22時27分

>れいんぼーむーんさん

あまり近くで見られたら、たぶん、照れます・・・。

投稿: りょーちん | 2006年5月 7日 (日) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1677547

この記事へのトラックバック一覧です: 目に見えないアイツが襲ってくる:

« こんなことで怒っちゃう僕 | トップページ | もったいないオバケと格闘する »