« マックるときマックればマックろう | トップページ | おばさん二人のファッションショー »

2006年5月 1日 (月)

男が見つめるものは…

とある町



とある駅の待合室



コの字に並んだベンチに座る、男ひとり女ふたり。

それぞれは見知らぬ3人。携帯片手に自分の世界に入る。



男は帰省先から帰るのであろう。大きいバックを一つ。

男の左隣のベンチに座る女は、ヴィトンの財布を手に持っている。これから遊びに行くのであろうか。

男の対面にいる女、足を組み、ストラップがいっぱいぶら下がった携帯で懸命にメールを打っている。



と、男の左隣にいた女が立ち上がり、待合室の外へ出て行ってしまった。



残された男ひとり女ひとり。

二人とも携帯を見つめる。

それぞれが存在しないかのように、携帯だけを見つめる。



男は、その空気に耐えられなかったからか、女の顔を見たかったからか、繁く、顔を上げ女を見る。

女は携帯だけを見つめる。

やがて、その女も待合室から出て行ってしまった。男の視線には気づかずに。



待合室に残ったのは男ひとり。

男は携帯から目を離し、女が座っていた後ろにある、うなる自販機をぼぉっと見つめた。

そして携帯を閉じた。

|

« マックるときマックればマックろう | トップページ | おばさん二人のファッションショー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1635931

この記事へのトラックバック一覧です: 男が見つめるものは…:

« マックるときマックればマックろう | トップページ | おばさん二人のファッションショー »