« 男が見つめるものは… | トップページ | 女子高生の品評会が始まる »

2006年5月 1日 (月)

おばさん二人のファッションショー

僕は、実家の長野県に帰る時、東京に戻る時とも、新幹線を使わず、普通列車のみで帰ることにしている。

お金が惜しいからというのが一番の理由であるが、その土地ごとの人を見れるのを楽しむためでもある。



例えば、女子高生・・・。
上下青に3本線に校名が入ったジャージを着ている。東京では、なかなか、いやほとんど見られない。そんな素朴な女子高生を見れるのは楽しい。




さて、帰る電車の中。目の前に、おばさんが二人座っている。

二人のおばさんとも、幅の広い帽子を被り、急に暑くなった春の日差しに備えており、顔の化粧も日焼け対策か妙に白い。

二人とも、ベージュのパンツに柄物の派手なシャツ。洋服センスはどちらも一緒である。腕時計も色違いだが同じものだ。



そんな二人が、僕の目の前で何をしているかというと

「ファッションショー」。

柄物のシャツを脱いで、ババシャツ姿をさらしてウォーキングをしているわけではない。

買ってきたと思われる洋服を広げて、お互いの胸にあてがったりしながら品評しているのだ。

「これはあなたにバッチリよ」

「似合うわね」

などとお互いを誉めあいながら。

やはり洋服のセンスは一緒らしく、二人が買ったものは同じようなものだった。




終わると今度は、ひとりがビニール袋に入っている飴を勧めだす。
今日来るときに、家から持って来たものであろう。
なにせ透明なスーパーにあるビニール袋に入っているのであるから。



その飴を舐めだす二人。

「チッ」

「チッ」

と音をさせながら舐めている。



「なんで音がなるんだ」と 多少不愉快になりながらも、終点までの時間、おばさん二人を前にした旅は続く。

|

« 男が見つめるものは… | トップページ | 女子高生の品評会が始まる »

コメント

お帰りは女性ふたりに縁があったようですね〜
なんだか想像するとおかしいです
結構、道中は辛い旅でしたねー

投稿: 夕陽 | 2006年5月 1日 (月) 23時13分

実は姉妹だったりして?!


それとも類は友を呼ぶんでしょうか?^^

投稿: にゃんたん | 2006年5月 1日 (月) 23時51分

>夕陽さん

はい。大変な旅でした。

その後、隣に体の大きな女子高生3人組が座ってきて、
スナック菓子やホットドックを食べだして、車両中匂いを振りまいたりされまして・・・。

話題には事欠かないのですけどね。

投稿: りょーちん | 2006年5月 2日 (火) 00時01分

>にゃんたんさん

うん。姉妹の気もします。

二人ともメガネかけていたし・・・(これは関係ないか)

また、ひとりの人は左手薬指に指輪を、
もうひとりの人は、中指に指輪をしてました。

片方の人は結婚されていなかったのですかね。

投稿: りょーちん | 2006年5月 2日 (火) 00時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/1637916

この記事へのトラックバック一覧です: おばさん二人のファッションショー:

« 男が見つめるものは… | トップページ | 女子高生の品評会が始まる »