« 少しでも前に進む毎日の中の一日 | トップページ | 彼女が彼の隣で本を読む理由 »

2006年6月17日 (土)

悔しさは次回に繋がるエネルギー

「悔しい」

それ以上の言葉は出てこなかった。

体中が「悔しい」って言っていて・・・・・。

僕の血は「悔しさ」で充満していて、体中が熱くなっている。

僕の胃も「悔しさ」で充満していて、胃酸を食いつぶしている。

とにかく、「悔しい」。それだけ。






一昨日、僕が参加している東京コメディストアjのライブ「S-1」があった。この「S-1」は、参加している15人の中から「No.1即興プレイヤー」を決める大会である。15人それぞれが、その場で誰と何をやるかを決めたシーンをやり、その15個のシーンのなかから、毎回、1~3位までを決定し、ポイントをもらうことができる。それを計10回やり、総合ポイントが1位だったプレイヤーが「No.1即興プレイヤー」になれるわけである。
(詳細は東京コメディストアjのホームぺージに)



一昨日は、その第4回目。
僕はそれまで3位につけていた。
前回は、本番直前に頭をぶつけてしまい、出演ができず、ポイントはもらえていなかった。


「前回の分も」
力が入っていた。
みなぎっていた。
「前回、出なかった言い訳をしたくない」
取り返すつもりでいた。


ショーが始まる。

他のメンバーが、前回の分もと、僕を「一緒にやりたい」と呼んでくれる。
しかし、やるシーン、やるシーン点が伸びない。

「すまない」




そして、僕の番がやってくる。
ひとり芝居ではなく、他のメンバーを選んで3人でやることにした。

「ここは、僕のやりたいことをやりたい」

元アイドルを演じ、下町の蕎麦屋で復活の思いと兆しをみつけた面白いシーンだった。

点数もよかった。
お客さんの反応もよかった。
うれしかった。
メンバーに感謝した。
この場にいれることに感謝した。
泣きそうになった。



でも、3位までには入れなかった。

発表の時、何とか笑顔でいようとした。
お客さんの前だし、笑顔で・・・。



僕は嘘をつけないらしい。


「悔しさ」でいっぱいだった。
3位までに入れなかったという悔しさ。
もっと、力を抜いてやれればという悔しさ。
もっとできたのではないかという悔しさ。
もっと、一緒にやったメンバーと楽しくできたのではないかという悔しさ。

「悔しさ」にいくつの種類があるのなら、僕は、いろいろな種類の「悔しさ」をそのときに体験していたのだと思う。




帰っても寝付けなかった。
多分、寝付けないだろうと、普段は飲まない(いや、飲めない)アルコールを買ってきていた。
飲んだ。
顔だけが赤くなるばかりで、ちっとも癒してくれなかった。


今日は悔しいままで寝ようと、布団に入る。
右を向いて寝ようか、左を向くか、真上を見上げるか・・・。
布団に入っても落ち着かない。


「次回こそは・・・・・」






次回、是非みなさん、僕を見に来てください。
このままじゃ終われません。
応援してください。
僕は皆さんのために、もっともっと楽しく面白いストーリー、キャラクターを演じようと思います。
次回、「S-1」は7月20日木曜日。


次回は、「りょーちん」の日になる!!

|

« 少しでも前に進む毎日の中の一日 | トップページ | 彼女が彼の隣で本を読む理由 »

コメント

私の経験したことのない感情でうらやましいなって思います。
次回は是非いい結果がでますように☆

投稿: 夕陽 | 2006年6月17日 (土) 13時46分

そんな風に熱くなれる事ってなかなか無いから、
その気持ちを大事にして、頑張って欲しいな。

投稿: れいんぼーむーん | 2006年6月17日 (土) 21時58分

くやしい日は何しても眠れないですよね。

でもそれを次につながるエネルギーに変えてる
りょーちんさんは素敵だと思いますよ。

逆境を乗り越えた時に人は輝くのですね。
7/20 がんばれー!!!

投稿: まどーしゃ | 2006年6月17日 (土) 22時53分

悔しさは胃痛のもとな反面、プラスにつながったらすんごい
エネルギーになるって信じています。
次回はきっと「りょーちん・デー」!!うりゃー!!

投稿: ユイコ | 2006年6月18日 (日) 00時00分

>夕陽さん

ありがとうございます。
僕も、ここまでの「悔しさ」を感じたのは久しぶりです。
僕の性分から考えても、「あま~く」過ごしていたんだなと、「大きな悔しさ」を感じて、そう思いました。

今回負けたのは、このことを気づかせてくれるためだったと思っています。
僕には「勝つ」意識が足りなかった。表現をして、もっと喜んでもらうという意識も足りなかった。

いい気づきでした。

投稿: りょーちん | 2006年6月18日 (日) 01時57分

>れいんぼーむーんさん

はい。ありがとうございます。
今回のことだけでなく、もっと熱くがむしゃらに行こうと思います。
失敗を恐れていてもしょうがないですし、皆さんにもっと喜んでもらいたいですから。

次の一人舞台も是非期待していてください。

投稿: りょーちん | 2006年6月18日 (日) 01時58分

>まどーしゃさん

ありがとうございます。
はい、この逆境、乗り越えます。
そして、また逆境が出てくると思います。
常にそれが出てくると思います。

楽しく、乗り越えていこうと思います。そして、熱く。

投稿: りょーちん | 2006年6月18日 (日) 02時00分

>ユイコさん

ありがとう!!
信じてもらって、うれしいなあ。

プラスにしていくよ。
何でもプラスになる。
おいら、そう思う。

「りょーちんデー」
7月20日。
いい日にするよぉ~。

投稿: りょーちん | 2006年6月18日 (日) 02時02分

誰でもない、自分が信じ続けることを「可能性」って言うんだと思います。

人にはドラマがありますね☆

最高のエンターテイメントを!!

投稿: こばち | 2006年6月18日 (日) 23時55分

>こばちさん

ありがとうございます。
「自分を信じること」
表現者としても、誰でも大事なことだと思います。

己を信じ、いっぱい楽しませれる自分になって行きたいと思います。

ありがとうございました。

投稿: りょーちん | 2006年6月19日 (月) 00時38分

りょーちん、ワタシも悔しくて悔しくて、自分に対して悔しくて、寝付けなかったよ。
ワタシ、いろいろアイデアだけ投げ出しちゃったんだね!
すまん・・
次回は、点数に結びつくようにもっともっと遊ぼう~

でも、一緒にできてうれしかったです。心からありがとう~

投稿: naoko | 2006年6月19日 (月) 08時24分

>naokoさん

うん。僕も一緒にできて嬉しかったよ。

うちらならではの、マニアックなシーンになりましたな。
もっとストーリーを動かせただろうし、もっと楽しいものができた。
お互いに力を入れすぎず、うちららしくやっていこうね。

ありがとう。

投稿: りょーちん | 2006年6月19日 (月) 15時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2257244

この記事へのトラックバック一覧です: 悔しさは次回に繋がるエネルギー:

« 少しでも前に進む毎日の中の一日 | トップページ | 彼女が彼の隣で本を読む理由 »