« ドアの向こうから零れてくる声 | トップページ | 駅前で葛藤し卑屈になる »

2006年6月 2日 (金)

いつもと違ったことをする。と…

いつもと変わったことをしようと思った。



今日はこれから東京コメディストアジェイのライブもある。
前回、たんこぶ作っちゃって出れなかったし。
願掛け、ジンクス破りじゃないけど、いつもと違ったことがしたくなった。



「冬物をクリーニングに出そう」 と、押し入れから、緑のダウンジャケットやニットの帽子を取り出し、腕に抱えて外に出る。



「いつもと違う道を通っていこう」 と、遠回りしながら行くことにする。



いつもとは違う風景。違う感覚。

「いいな。新しい気分」なんて思っていたら・・・、



ビシャ。



「あっ」

水たまりに足を突っ込んでいた。

ダウンジャケットなどを両手で抱えて持っていたので、下が見えなかったのだ。



でも、雨が降っていないのに「何故に、水たまり?」

ある理由がわからない。

しかも、「何故に見事にはまるかなぁ」

僕が足を入れた一角だけだ、水たまりがあるのは。



こんな不条理に、阿藤海ばりの「なんだかなあ」をこぼす。





「いつもと変わったことをすればこれかよ」と愚痴を言いながらも、

「これで悪い物が落ちたんだ」と強く納得し、強く頷き、強く前を見る僕でした。

|

« ドアの向こうから零れてくる声 | トップページ | 駅前で葛藤し卑屈になる »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2037972

この記事へのトラックバック一覧です: いつもと違ったことをする。と…:

« ドアの向こうから零れてくる声 | トップページ | 駅前で葛藤し卑屈になる »