« 揺れを厭わない女の子の話 | トップページ | 夜中に歩く、信じて疑わない道 »

2006年6月25日 (日)

自意識過剰な男4人のその後の顛末

男4人で、ボーリングへ。



「男4人」



楽しさは感じられない状況である。
感じられそうもない。

しかし、3度の飯より大好きなボーリングにはかえられないので、行くことにした。





「罰ゲームやろ」
友人の一人が言う。

「チーム戦にしよ」
別の友人が言う。

「よし、やろう」
また別の友人が言う。

「負けたらどうする?」
僕が言う。




僕らのレーンの隣には、女性4人組が来て、ボーリングをやっていた。



「女4人」



このまま、合コンができそうな勢いである。
でも、僕は合コンをしたことがないので、実際はその勢いはわからない。

女性4人が隣のレーン。

意識が上がる。




友達の一人が女性たちには聞こえない声で言う。
「負けたチームは、この後御一緒しませんかって声をかけるのはどう?」

残りの3人、首を振らない。




試合開始。

まずは、僕の番。

「とりゃあ」

ストライク!! 

調子がいい。



次も、

「とりゃあ」

スペア!!

調子よくない!?




その後も快調にスコアを伸ばす。

投げ終わる度に、チラッと彼女たちを見る僕。

彼女たちは、特別見ていない。





と、彼女たちが帰り支度をして、何事もなく(当たり前だが)帰ってしまった(終わったら帰るのは当たり前だが)。

「あ・・・・・」

誰とは言わないが、何か意気消沈する、僕ら「男4人」。




その後、チーム戦は白熱し、相手チーム最後の一投で勝利が決まることに。



投げる。



倒れる。



得点を見る。



二人合わせたスコア対決

245対245


なんと、同点!!




すごい。こんなことがあるなんて・・・・・。
既に無くなった罰ゲームが無くなったことを4人で喜び、悲しむ。





と、冷静な僕、得点を見直す。

「女の子が帰ってからのうちら、見事にレベルの低い争いになっていない?」




僕もあれだけ、ストライクとスペアを続けていたのに、女の子が帰ってからはさっぱりになってしまった。

他のやつらも一緒。
白熱した原因は、得点の高かった僕がストライク・スペアが出なく、他の奴らがたまに出すストライクで追い上げるという低レベルで争っていたから。




「わかりやすいな。うちら」
僕、言う。





自意識過剰な、「男4人」

ただ、結果を出すあたりはさすがか・・・・・。

|

« 揺れを厭わない女の子の話 | トップページ | 夜中に歩く、信じて疑わない道 »

コメント

なんか可愛いですね~

投稿: 夕陽 | 2006年6月25日 (日) 01時41分

>夕陽さん

かわいいのかバカなのか、紙一重ですね。

あの後、もう1ゲーム、今度は個人戦でやりました。
4点差で負けちゃいましたけど。
2ゲームのトータルでは、僕が一番でした。

女の子が見ていなくても、僕は負けません・・・。

投稿: りょーちん | 2006年6月25日 (日) 12時15分

なんか情景がありありと想像できて笑えてしまいました。

投稿: まどーしゃ | 2006年6月25日 (日) 22時28分

ちょっとしたことで盛り上がれるから
古い友達っていいですね~

私もボーリング大好きだよ

投稿: にゃんたん | 2006年6月26日 (月) 00時55分

あははは、面白~い!
しかも同点だなんて、ものすごい偶然!
本当にあるんだね。

投稿: れいんぼーむーん | 2006年6月26日 (月) 01時34分

>まどーしゃさん

アホな男4人のボーリング大会でした。

隣の女の子4人が帰って、一番がっかりしたのは、僕なのかもしれませんね。
困ったもんです・・・。

投稿: りょーちん | 2006年6月26日 (月) 12時10分

>にゃんたんさん

にゃんたんさんもボーリング好きなのですか~?

僕は、「好きにさせられた」という感じですね。
実家の両親がボーリング大好きで、小さい頃、よく連れてかれたのです。
行って、楽しむのではないのですよ、うちの家族。

スコアが悪かったり、フォームが悪かったりすると父親に怒られるし、投げる前に「素振りしてなさい」とか言われるし・・・。

ボーリングをやった次の日は、疲れて起きれないくらいでした。

今となっては、いい思い出です。

僕も子どもに熱く教えちゃうんだろうな。
そんな気がします。

投稿: りょーちん | 2006年6月26日 (月) 12時15分

>れいんぼーむーんさん

ほんと、絵に描いたように、同点でした。ビックリだよ。
そんなことってあるんですね。

女の子が隣にいたままだったら、結果は違っていたかもしれません。
「負けられない」、「声かけたいから負けてもいいかも」と思う奴らの交錯で、得点差が離れていたかもしれないですね。

投稿: りょーちん | 2006年6月26日 (月) 12時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2365640

この記事へのトラックバック一覧です: 自意識過剰な男4人のその後の顛末:

« 揺れを厭わない女の子の話 | トップページ | 夜中に歩く、信じて疑わない道 »