« 窓につたう雨粒は女性の涙か | トップページ | 少しでも前に進む毎日の中の一日 »

2006年6月13日 (火)

読書力を本屋でつけようとしていた

読んでいる本が、後少しで終わるので、本を買いに行こうと本屋へ行った。



ただ、今までどおりに買わずに、違ったやり方で買おうと考えた。

「自分が読みやすい本を買うのではなく、読書力がつきそうな本を買おう」





いつも、古本屋などに行って、ざ~っと棚を見渡し、
「あ、この本いいかも」
と、インスピレーションが沸いた本を買ってしまう。

もちろん、読んだことがある作家さんとか、この作家さん知っているという情報があって、沸くものだが。




しかし、今まで読んでいたのは、自分にとって読みやすい本。
これではいかん。
と、今日は趣向を変えて見たわけだ。




そう考えた理由は、ある本がきっかけ。
文字通り

「読書力」

明大の教授、斉藤孝さんの本だ。


読書力はつけれるものだと言う。
しかも読む練習で。スポーツと同じ。
でも、ただ反復練習していては何も変わらない。付加をかけていかないと、力はつかないとのこと。




これはと、今日、今までとは違う思いで本屋に来たわけだ。



しかし、
「何を読んだらいいやら」


岩波文庫のコーナーに行く。
ニーチェ、カント・・・。

「いきなりこれか。ありかもしれないけど。ふ~む」


他の文庫コーナーへ。
夏目、川端・・・。

「ふ~む。これでいいのか」


他の文庫コーナーへ。
ドストエフスキー・・・。

「名前がいかつい」





時間が刻々と経過。

文庫コーナーをうろちょろうろちょろする僕。
本をめくっては自分の頭で吟味し、
「また次の機会」
と、棚に戻すを繰り返す。



こんなんじゃ決まらん~!!


こんな無数の本の中から、何を選択するのだあ~。


読みたい本を読ませろぉ~。






と、声を大にして叫ぼうとした頃、
とある棚のとある作家さんの本に目を奪われた。

「ん?」

棚から本を取り出す。

「小林秀夫。考えるヒント」

はは。考えないヒントをもらいたかったのに、考えるヒントか。
こりゃ面白い。

「これにしよ」

と、あまり考えることをせず、レジに並ぶ。



手にとってから、たった数秒。





はは。小林秀夫から
「考えないことを学んだ」よ。

さて、読書。

|

« 窓につたう雨粒は女性の涙か | トップページ | 少しでも前に進む毎日の中の一日 »

コメント

私は図書館で適当に借りていたな~
通学が片道1時間あったので、毎日いろいろなジャンルの本を読んでいましたね

図書館だから読める本ってありますよ~
ハードカバーのエッセイとか自分では買えないしね。。。

投稿: あきら | 2006年6月13日 (火) 05時23分

僕も読書はするほうだと思いますが、
読みたい本、読みやすい本ばかり読んでる気がします。

ところで読書力ってどんな力なんでしょう?

投稿: おぎー | 2006年6月13日 (火) 12時12分

私は図書館で借りていますが
文庫も文書サイズ(ハードカバー)
通勤中読むわけじゃないのでバラバラです

学生のころはもっと硬い本を読んでいましたけど
(やわらかいのもいっぱいw)
楽しんで読んだ文章の方が、よく身について
いるような気がしますよ

投稿: にゃんたん | 2006年6月13日 (火) 14時14分

それすごくわかります!
私は結局買わないで帰るか、好きな作家さんの書いたものの載った短編集(他の作家さんも載っているので、買わないよりはまだ幅が広がる気がして)を買って帰るか、に落ち着きます 笑

投稿: miki | 2006年6月13日 (火) 23時30分

>あきらさん

僕はね、手元に置いときたいので買ってしまうのですよ。持ちやすい、安いとの理由で、文庫本オンリーですが。
で、読んだ本を本棚に並べて、
「おお、こんな変遷で読んできたのか」
と、眺めるのです。

しばらくしたら、また読み直すのだろうけど。今は読んだら眺めるだけです。

投稿: りょーちん | 2006年6月14日 (水) 00時39分

>おぎーさん

「読書力」を鍛えていくと、コミュニケーション能力や人を理解する能力も一緒に備わっていくらしいのだと。

詳しいことは斉藤孝さんの「読書力」に書いてあります。
面白い本ですよ。

確かに、本を読むと、本の中の空間を想像し、キャラクターを想像し、全てを想像する。相手とコミュニケーションをとるのも、相手を思いやる、相手のことをしっかり捕らえることが大事だと思うので、この本にあるように「本を読む力を鍛える」ことは、コミュニケーション能力を鍛える一つのやり方だと思います。

これだけではもちろん駄目ですけど。

投稿: りょーちん | 2006年6月14日 (水) 00時46分

>にゃんたんさん

そうですよね。読みたい本を読むのが一番だと思います。

ま、いろんな作家さんを知っていくというのも必要だと思うので、うまく組み入れて読んで行きたいと思います。

「読書」は大好きですからね。
楽しくあるのが一番です。

投稿: りょーちん | 2006年6月14日 (水) 00時48分

>mikiさん

本屋大好きなんです。
時間が空いているときは、よく本屋によります。
次に読む本を選んだり、雑誌を読んだりしています。

なんか寄ってしまうんですよね。

本を買わずに出ることのが、ほとんどです。

投稿: りょーちん | 2006年6月14日 (水) 00時49分

あーーー読書力~~
わたし本読めないんです~~~
活字がダメなんです~~(T○T)

本が好きな人、読める人、本当うらやましい、
あたまがいいと、尊敬です~~
わたしも本が読めたら、こんな無知じゃない!なんていいわけ(^^ゞ

>「本を読む力を鍛える」ことは、コミュニケーション能力を鍛える一つのやり方だと思います。

そうなんだぁ、
本を読む力も鍛えるんだね、
アイタタタ(>_<)

投稿: | 2006年6月15日 (木) 00時30分


コメントありがとうございます。

実はですね~、僕も本を読まない人で・・・、1年くらい前まで・・・。
それから読み始めたのですけど。
なので、まだ「ペーペー」です。

本を読まない人が無知だとは思いませんよ~。
今は、いろいろなところから情報を得られる時代ですし。

ただ、本からも得られるものがいっぱいあるよ~、というだけです。

投稿: りょーちん | 2006年6月15日 (木) 13時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2194925

この記事へのトラックバック一覧です: 読書力を本屋でつけようとしていた:

« 窓につたう雨粒は女性の涙か | トップページ | 少しでも前に進む毎日の中の一日 »