« 改札前で「ひとりとひとり」芝居 | トップページ | 外は雨、懲りない僕 »

2006年6月10日 (土)

子どもは遊びのスペシャリストです

とある街の商店街



歩いていたら、向こうからお母さんと小さな女の子が歩いてきた。
お母さんと女の子は手をつないで。

「二人で買い物にお出かけかな」
なんて思って見ていると、
「あれ?」
女の子を歩き方がおかしいのに気がついた。


どうしたんだろうと、彼女の足元を見てみると、
彼女は、レンガ舗装された道の上で、レンガのひとつひとつを踏みながら前に進んでいたのだった。


「うわ。昔、僕もいろいろやった」

実家にいた時にやったいろんなことを思い出した。




カラー舗装された歩道なら、同じ色だけをだどって行ったり、

白線の上しか歩けないと決めたり、

陽が陰り出したら、
「影のあるところしか通っちゃ駄目ね」
と、自分にルールを作って、影だけをたどって家に帰ったり・・・・・。



車に乗っててもやったな。
上と同じ理屈で、「影しか通っちゃいけない」ことにして、
影以外を通っている時は「この車は飛んでいるんだ」と、手で座席を押して体を持ち上げて乗っていたりした。


今ではあまりやらなくなったけど。




女の子は、よろよろ歩きながら、僕の隣をすれ違っていった。




自分で自分にルールを作って遊ぶ。

子どもはほんと「遊びのスペシャリスト」です。



よーし、僕もレンガ一つだけで・・・っと。

|

« 改札前で「ひとりとひとり」芝居 | トップページ | 外は雨、懲りない僕 »

コメント

あたしも、よくやってました!
影のあるところしか通れないっていうルールは、特によく友達とやってた気がします。はやってたなぁ。
車では、やったことなかったですが。
車に乗ってるときは、退屈になると、目的地に着くまでに何色の車が何台通るかっていう当てっこゲームを兄弟でよくやってたかな。

投稿: えみえみ | 2006年6月10日 (土) 18時26分

>えみえみさん

えみえみさんもよくやっていたんですね。
おんなじ~。

車の中って暇だからね~。
地元は長野ナンバーだから、長野ナンバー以外の車の数を数えたり、トラックの数を数えたり、いろいろしていました。

一人で・・・。

投稿: りょーちん | 2006年6月10日 (土) 23時35分

横断歩道で白いの踏んじゃだめ~とか
やりました!

通学中もりっぱな遊びの時間でしたよねえ

投稿: にゃんたん | 2006年6月11日 (日) 00時33分

>にゃんたんさん

僕は逆に、「白い線しか踏んじゃだめ~」というのをやっていました。
ほんと、なんでも遊びにしていましたね。
それで、楽しかった。

投稿: りょーちん | 2006年6月12日 (月) 00時28分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2147399

この記事へのトラックバック一覧です: 子どもは遊びのスペシャリストです:

« 改札前で「ひとりとひとり」芝居 | トップページ | 外は雨、懲りない僕 »