« 季節をいろいろな方法で感じる | トップページ | 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり »

2006年7月 1日 (土)

僕しか知らないアイスコーヒーの秘密

唐突だけど、僕はアイスコーヒーが大好きでした(今でも好きだけど)。




小さい頃の話です。

家族で、レストランに食事に行くと、かなりの確率で、「アイスコーヒー」を一緒に頼みました。




子供なのに・・・。

そう。「苦さ」は不得意だから、他のものにすればいいのに、あえてアイスコーヒーを選びました。

もちろん選んだ理由は、「苦さ」への憧れ、そう、大人の階段を登るためもあったのだけど・・・、




本当の理由は・・・

苦さを紛らわすために入れる、「ミルク」と「ガムシロップ」で、かさが増えるから。




頼んだものが出てきた時の量より増えると、なんか嬉しくて得した気分になって、ほくそ笑んで、誰にもこの事実を言いたくなくて(弟には特に教えてあげたくありませんでした。僕だけのことにしたいから。変ですね)・・・・・。





今日アイスコーヒーを頼んで、「ミルク」と「ガムシロップ」を入れた時、

「あ、昔、そんなこと思ってたな」

と、久しぶりに「増えた嵩」を懐かしんだ、ひとりで食べる昼ご飯でした。

|

« 季節をいろいろな方法で感じる | トップページ | 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり »

コメント

タイトル最高ですね♪

これからの季節まずいアイスコーヒーに出会うことも多いので
その対策でも教えていただけるのかしら?って思いましたよ(笑)

投稿: 夕陽 | 2006年7月 1日 (土) 21時26分

うちの母は子供がコーヒーを飲まない方が
いいと思っていたらしく、飲んじゃいけない!と
理由が色が黒くなるから~~

あの色のままブラジル人みたいになっちゃうのかしら?
(コーヒー=ブラジルで色黒って言う子供の発想)
って、本当に心配して飲みませんでした。

私はいつもクリームソーダだったけど
りょうちんさんはすっごく大人だったんですね^^

投稿: にゃんたん | 2006年7月 2日 (日) 00時55分

>夕陽さん

ありがとうございます~。

タイトルの期待と違い、ただの「ガムシロで量が増えただけじゃ~ん」という他愛もない話でした。
期待して頂いただけに、恐縮ですぅ・・・。

まあ、まずいアイスコーヒーの時は、ミルク・ガムシロでやはり調整するしかないですね。ほんとに。

投稿: りょーちん | 2006年7月 3日 (月) 00時13分

>にゃんたんさん

コーヒーを飲むと色が黒く~!?

そんなこと言われていたのですね~。

僕は友達から、
「炭酸を飲むと、骨が溶けるよ」
と炭酸が飲みたくてどうしょうもない年齢の頃言われました。

あまりの怖さに、しばらく飲みませんでした・・・。


小さい頃はね、さすがにコーヒーは苦いから、ミルクや砂糖やガムシロをいっぱい入れていました。
今も、コーヒーにはミルクを入れないと飲めません。

投稿: りょーちん | 2006年7月 3日 (月) 00時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2456446

この記事へのトラックバック一覧です: 僕しか知らないアイスコーヒーの秘密:

« 季節をいろいろな方法で感じる | トップページ | 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり »