« 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり | トップページ | 書かずにはいられない、「彼の決断、僕の決意」 »

2006年7月 3日 (月)

言葉は、時に出世魚のように

すれ違った女の子二人が話している声が聞こえてしまった。



「ほんとに、男子はさ・・・」



ピピ。



『男子(だんし)』 という言葉に反応する。




「男子ねえ。最近使わないなぁ」

小学校から高校までは、いっぱい使ってきたし、言われてきた。


「男子はいつも汚い」 とか、
または逆に
「女子はうるさい」 などの使用方法で
(『男子~』、『女子~』に続く言葉で、いい言葉や文章がつくことは、あまりない) 。




そんな『男子、女子』も、大人になるとほとんど使わなくなる。

同じ意味の


『男』『女』

または

『男性』『女性』


に取って代えられる。




好きな子ができた時に、
「好きな女子ができてさあ」

とは、あまり使わない。いや、ほとんど言わない。




『男子、女子』の「子」は子どもだから、大人になって使わなくなっただけの話なのだろうけど。





でも、小さい頃は、とにかく区別をしたくて、区別されたくて『男子、女子』と使っていたような気がする。恥ずかしさもあいまって。

ただの呼称以外に、「異性であることを認識したく、認識したくない」もどかしい、何か意味が付け加えられていたような気がしてならない。





言葉が出世魚のように変化した。

ただ、同じような意味でも、意味合いは変わった気がする。

|

« 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり | トップページ | 書かずにはいられない、「彼の決断、僕の決意」 »

コメント

ちゅーぼーな感じですよねwww

投稿: にゃんたん | 2006年7月 3日 (月) 00時31分

「男子・女子」って呼び方はフランクなイメージです。異性って感じを消すために使ってた気がします。

中学高校の6年間女子校なせいかもしれないのですが。
中学校に上がり、小学校の名残が取れて、中2の時くらいには男・女って言ってました。近くにいないから、友達というより異性として意識する気持のが強かったのかも…?
だから「男子・女子」はかなり当分使っていません。

思い出したらちょっとおもしろくて、
長くなっちゃいました^^;

投稿: miki | 2006年7月 3日 (月) 01時23分

高校までは、男子、女子って言ってました。(あれ、それぐらいって普通もう言わないのかな^^;?)
でも、あまり何か意識して使ってはなかった気がします。
大学からは、使わなくなりましたねー。やっぱり、あんまり、クラスみたいな感じで、接する機会もなかったからかなぁ。

投稿: えみえみ | 2006年7月 3日 (月) 20時45分

>にゃんたんさん

「ちゅうぼー」の時が一番、男子・女子を意識する時ですよね。

僕も意識しまくりました。
で、友達には、好きな子がばれていました。
はは。

投稿: りょーちん | 2006年7月 4日 (火) 01時14分

>mikiさん

それ、面白いですね。
へえ~。
やっぱ、使わないんだ。女子校だと。

そうだよね。「男子~」がいないわけだからねえ。


ただ、女子高生が、
「男」
とか使っているとなんかなまなましいですな。

投稿: りょーちん | 2006年7月 4日 (火) 01時17分

>えみえみさん

僕も大学に入ってからは使わなくなった気がします。
男女を意識させるようなことは、何もなかったですからね。そのせいかと(男女分かれて並ばされるとか、分かれて何かするってことないですものね)。

妙に意識をしていた、あのころが懐かしいです。

投稿: りょーちん | 2006年7月 4日 (火) 01時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/2474252

この記事へのトラックバック一覧です: 言葉は、時に出世魚のように:

« 街の喧騒の中で独り、部屋の中でひとり | トップページ | 書かずにはいられない、「彼の決断、僕の決意」 »