« 自分の身の上を案じ、さらに冷や汗をかく | トップページ | とびっきりの「熱い夏」を用意したのは »

2006年8月19日 (土)

店も店員もコーヒーも・・・まるで蜃気楼のように

東京コメディストアのメンバーで「麻布十番祭り」に出演すべく、麻布十番に向かった。
駅に降りると、もう街は祭の匂い。
屋台で何かを焼いているわけではないのだが、街の雰囲気が匂いを醸し出しているような気がする。

出演前に打ち合わせをしようと、手ごろな場所を探す。
マック、スタバ・・・などなどあたってみるが、どこも祭目当てのお客なのか、混んでいる。

と、メンバーが空いているカフェを探してきた。
一緒に向かう。

「カフェ?」

外ガラスは茶色く透けていて、入り口は狭い。ビニールの看板には、
「レストラン・喫茶 ○○○○」

「レストラン・喫茶?」
外観はどう見ても、古びた喫茶店。
レストランと呼ぶには、しかもレストランとカフェを組み合わせるのは・・・。
何か事情がありそうである。
興味が沸く。



中に入る。
中は、外以上にレトロ。
小狭なところに、机が何個か並ぶ。机には大きなビニールのテーブルクロスがかけられている。まるで何かを隠しているかのようだ。

そんなことを思っていると、メンバーの一人が、テーブルクロスをめくって
「あ、ゲーム機だよ」
と、店員さんにも聞こえるくらいの大きな声で言った。

「へえ」
と、覗きこむ。
懐かしい。ブラックジャック系のゲームのようだ。

「あ、故障中」
ゲームの説明書きの隣に、白い紙で「故障中」とセロハンテープで貼ってあった。
「使えないのね」
だから隠してあるのか。納得。




「いらっしゃ~い」
年配の女性の店員さんが、愛想よく僕らにやってくる。
僕は慌てて、テーブルクロスを元に戻した。

「暑かったでしょ」
冷たいお手拭を渡しながら、そう言う。
ありがたい。外は猛暑だ。これで、顔を拭こう。
周りの女子には構わず、顔、首を拭きまくった。



暑かったこともあり、アイスカフェオレを頼むことにした。
他のメンバーもアイスコーヒーやら、ホットのコーヒーを頼む。
一人の女性メンバーは「ナポリタン」を頼んだ。
彼女が頼んでいる時に、食べ物のメニューを盗み見た。
6~7個しかメニューがない。
「レストランかよ、ここ」

 
「はいは~い」
店員さんは僕の思いも知らずに、奥へひっこんでいった。


と、そこには、白髪に白い口ひげを蓄えた男性が、威厳を保ち立っていた。
その男性は、カップで何かを慎重に測りながら、何かの容器に入れている。
「もしや、コーヒーを本格的に淹れてくれるのかな」

麻布十番のしなびた喫茶店。
場所代なのか、とても高いコーヒー。
美味しさは求められないかと思っていたが、なかなかどうして。きちんと淹れてくれるのか。
こりゃ期待大だ。




と、妙に感心をしているところに、おばさん店員がトレイを持ってやってきた。
「お待ちどうさま。こちらアイスカフェオレと、アイスコーヒーね」

「へ?」
白髪のおじさんバリスタは、まだカップで何かの容器に入れている。
てっきり、アイスコーヒーもしっかりと淹れてくれるのかと思っていた。
注文してから、2,3分でやってきた。
冷蔵庫から取り出して、注いできたようである。

「なんだよ~」
おじさんはまだ真剣に注いでいる。

その後、大して時間差がなく、ホットコーヒーもやってきた。
こちらもきちんと淹れてくれたわけではないのだろうか。




アイスカフェオレを啜る。
ガムシロを入れたせいなのか、近くのチェーン店で飲むカフェオレと大して違わない味がした。
「うん。味なんか求めていない」
そう、自分に言い聞かせ、
暑かったし、のども渇いていたので、一気に飲み干した。




飲み終わり、周りを見ると、
地元の人なのだろうか、2,3組の客がやってきていた。
彼らは自分たちの雰囲気をこの喫茶店に合わせているのか、ここに合うからやってきているのか、この店に同化してしまっていて、いる気配を全く感じなかった。

おじさん、おばさん店員も同様であった。





店を出る。
外は猛暑。
「あつっ」
僕らはここでコーヒーを飲んだことも忘れたかのように、ライブ会場へと歩を進めていくのであった。

|

« 自分の身の上を案じ、さらに冷や汗をかく | トップページ | とびっきりの「熱い夏」を用意したのは »

コメント

おじさんは何を量っていたんだろうね?

投稿: こにぴー | 2006年8月21日 (月) 12時31分

>こにぴーさん

何、量っていたんですかね。
サイホン式でコーヒーを入れているとばかり思っていたのですが・・・。

自分用のですかね・・・。

投稿: りょーちん | 2006年8月22日 (火) 01時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3125860

この記事へのトラックバック一覧です: 店も店員もコーヒーも・・・まるで蜃気楼のように:

» コーヒーハウス アレンジコーヒー コーヒーレシピ [コーヒーハウス〜コーヒーの輪]
コーヒーの好きな方をお待ちしております。今回はカフェ・マリア・テレジア。柑橘系の香り漂うおいしいコーヒー。 [続きを読む]

受信: 2006年9月 9日 (土) 02時37分

« 自分の身の上を案じ、さらに冷や汗をかく | トップページ | とびっきりの「熱い夏」を用意したのは »