« 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが | トップページ | 9月1日、東京コメディストアジェイ2周年!! »

2006年8月31日 (木)

現実に目の前で行なわれている現実


駅近くの踏み切りに捕まり、ぼーっと視線を彷徨わせる。
今日あったこと、これからすること、頭の中に思いが駆け巡る。


電車が入ってきた。
なんとなく視線を車両の中へとくぐらせる。


中には、いろいろな人がいた。
ドアによりかかり本を読む人、音楽を聴く人。
つり革に手をかけ外を眺める人。
友人と談笑をする人。
ただ目を閉じる人・・・。



その人たちは僕の目の前を移動していく。
どんどん流れていく。


「面白いな」と思った。
人の集合体が移動してくのだ。それを僕は見ている。
彼らはそれぞれの時間、空間を作りながら移動していく。
本を読み、音楽を聴き、自分の空想を楽しみ、外の景色を楽しむ。
彼らは確かに移動はしているが、移動という行為を自らの力で積極的に行なっているのではなく、あくまで移動は電車が行なっている。
彼らは手段を使って、そこに存在しているだけなのだ。
本を読んだりしながら。


その存在している彼らを、僕は見ている。
集合体として流れていく様を見ている。
まるで街を切り抜いて、それが流れていくようだ。





全ての車両が通り過ぎていった。
踏切が開く。
電車の中の現実から、僕が今ある現実に戻された。
行き過ぎた電車の後ろを見送る。
彼らの時間の全てを包み込んでいる電車はすごいなと思った。

僕は闇に包まれ、家路へと急いだ。

|

« 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが | トップページ | 9月1日、東京コメディストアジェイ2周年!! »

コメント

人の現実を覗けてしまう、日常のいたるところ。
面白いよね。

投稿: hotu | 2006年8月31日 (木) 10時19分

たまに人や生き物すら”物”のようにみえてしまうことありますね

りょーちんさんのお仕事も生活を切り抜いて
加工している感じがしますよね


私は車で信号待ちしていると、すごろくのコマになった気がします

投稿: にゃんたん | 2006年9月 2日 (土) 00時42分

>hotuさん

コメント返信遅くなりました。

電車の中だけではなく、タクシーとかいろいろなところで覗けちゃいますね。

ついつい見ちゃいます。
もう、癖ですね。

投稿: りょーちん | 2006年9月 7日 (木) 01時00分

>にゃんたんさん

返信、遅くなりました。

すごろくのコマ・・・。
面白いですね。
すごろくの次の目を待っているのですかね。


とある場所のマクドナルドに、年配の女性の店員さんがいるのだけど、その店員さんはいつもロボットに見えます。

今度、その人の話を書こうかな。

投稿: りょーちん | 2006年9月 7日 (木) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3264146

この記事へのトラックバック一覧です: 現実に目の前で行なわれている現実:

« 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが | トップページ | 9月1日、東京コメディストアジェイ2周年!! »