« 人と町と作品の調和を実感する | トップページ | 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが »

2006年8月29日 (火)

新潟妻有・・・名残を大いに残して帰郷する

060827_16050001_2



















27日日曜日、十日町市浦田地区で行なわれた、芸能祭に参加し、「ひとり即興芝居」をやってきました。
東京から来た僕のためにプログラムに入れてくれて、10分間ほど演じさせて頂きました。



会場の体育館に入ると、来ていたお客さんはおじいさんおばあさんばかり。
計100名以上いらっしゃいました。
果たして僕のやるものは受け入れてもらえるのだろうかという不安がありましたが、
「やりがいがあるな」
と発奮し、自分の番を待ちました。




10分の僕の演目が終わる・・・。
皆さん、とても楽しんでくれました。
終わった後、いっぱいの拍手を頂いたり、声をかけてくださったり・・・。




その中の一人のおじいさん。
僕の番以前に、バイオリンを弾いたおじいさんでした。

「よかったよ」
と声をかけてくださいました。
おじいさんは聞くところによると、独学でバイオリンを学んだとのこと。
今回の演奏では、バイオリンで「川の流れのように」を弾いて下さいました。

「俺がバイオリンでバッハやベートーベンを弾かないのには理由があるんだ。
みんな聞いてたってつまらないだろう。みんながわかるもの。喜ぶものをやるんだ」
おじいさんは僕に近寄り、耳元でそう教えてくださいました。

「喜ぶものをやる」
そうだな。僕にも大いにあてはまること。
僕が楽しいだけではいけない。
お客さんが喜んで楽しんでくれるものでなくてはいけない。楽しませなくてはいけない。



おじいさんは続けます。
「ここに出ている人みんな、表現したいんだ。
みんな、主婦だったり、仕事持ってたりしていて、普段抱えていることを発散したいんだ」

「表現したい」
誰にでもある、衝動。
おじいさんはバイオリン。
僕は即興芝居。
僕は仕事であるけれど、表現したいという衝動は常に持ち続けなくてはいけない。
というか、なければやっていけない。
「表現すること」を仕事にできてる自分に、誇りと頑張らなくてはと気合を感じました。



「また来てよ」
おじいさんはそう僕に声をかけて、離れていきました。





舞台では、小学生が伝統の踊りを披露していました。
見事に綺麗に踊っています。




僕は思う。
「芸術を通して、交流できるって本当に素敵だな。
芸術活動をする一個人としてここにいられるのは、とても幸せだ」






芸術祭が終わり、新潟妻有を後にする。
子どもたちと遊び、ひとり芝居を演じ楽しんでもらった。
「人と接するのは楽しい。人間って素晴らしい」
そう、再認識をした短すぎる3日間でした。

|

« 人と町と作品の調和を実感する | トップページ | 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが »

コメント

出会いって素晴らしいですね。
出会いから何か大切なものを見つけられるりょうちんさんも
素晴らしいな~と思いました。

投稿: eri | 2006年8月29日 (火) 07時07分

どんな方法でもいいから、みんながその人らしい表現の仕方を見つけられたら、きっと幸せですよね。それを探すって、結構大変な作業だと思うのですが。。。自分を表現するモノをもっている人って、いろんな人とその喜びを共有できるんだろうなと、りょーちんさんの日記を見て思いました。

投稿: こばち | 2006年8月29日 (火) 20時12分

いやあいい話ですね。

音楽とかお芝居とか、理屈じゃないところで交流できるって
すばらしいですね。

いいなあ。素敵ですそういう時間。

投稿: まどーしゃ | 2006年8月29日 (火) 23時21分

>eriさん

ありがとうございます。
見つけるというか、教えてもらっているに近いですが・・・。

ほんと出会いって素晴らしいなと思います。
人と出会うことによって、自分とは違う何かが得られる。
人はほんといっぱいのものを僕に与えてくれます。

感謝です。
eriさんもありがとう。

投稿: りょーちん | 2006年8月30日 (水) 00時15分

>こばちさん

人の表現って、芸術活動だけではないって思うんです。
仕事の人もいるでしょうし、家庭でのことって言う人もいるかも、スポーツだとか、趣味だとかって言う人もいるでしょうし・・・。
僕らは言葉や体を使って、毎日表現しているのですよね。
自分を。

それをお互い確認し合え、認め合えるって素敵だなと思います。

投稿: りょーちん | 2006年8月30日 (水) 00時18分

>まどーしゃさん

ほんと豊かな時間でした。
出させて頂けて、ほんと感謝です。

とかく僕は演劇をしているせいか、その枠でしか考えないことがありますが、違うのですね。
もっと大きな枠でこれから考え、行動していければと思っています。

投稿: りょーちん | 2006年8月30日 (水) 00時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3240835

この記事へのトラックバック一覧です: 新潟妻有・・・名残を大いに残して帰郷する:

« 人と町と作品の調和を実感する | トップページ | 聞くのもコメントするのも余計なお世話なことだが »