« 人の振り見て人の振り見て我が振り思う | トップページ | 店も店員もコーヒーも・・・まるで蜃気楼のように »

2006年8月18日 (金)

自分の身の上を案じ、さらに冷や汗をかく

前回の日記から続く。




電車は駅に到着し、僕は乗り換えるために階段を使い他のホームに移動した。
乗るべき電車が来るまで、あと2,3分ある。
あまりの暑さでのどが渇いたので、売店を探して飲み物を買うことにした。


少しホームの前方に進むと、売店があった。
周りを見渡す。
と、ガムやチョコレートが並んだ棚の隣に、飲み物が入ったガラスのケースがあった。
何を飲もうかチョイスをして、おばさんに言った。

「すいません。イオンウォーターをください」

しっかりと滑舌よく言った。
聞き返されて、時間をロスするわけにはいかないから。


すると、おばさんは
「外に扉あるから、そっちから取って」
憮然と僕を見ずに言った。

外に扉があったのか。
こりゃミスった。
大幅な時間のロスだ。
時間を気にしながら、扉を開け、イオンウォーターを取り出す。



商品を見せようと、おばさんのところに持っていくと、他の人の応対をしていた。

「あらら」
と思っていると、そこに僕が乗る電車が入線してきた。

「まずい」
これに乗り遅れると、時間に間に合うか微妙になる。
駅から走ることになる。
この暑さ。
走ったら、今日のこの長袖シャツでは、風通しも悪く汗でびしょびしょになってしまう。



手に持った、イオンウォーターを元の位置に戻そうか悩む。
前の人の買い物が終わる。
戻すのが早い?買うのが早い?
ん~。どっち?


「はい。イオンウォーターね」
おばさんが僕の思いを察したのか、ぶち壊したのか、持っていたイオンウォーターを取り上げ、会計をし始めた。

「あ・・・」

「150円ね」

「間もなく電車が発車します」

「え?」

「はい。50円のお返し」

「プシュ~」

「あ・・・」

お釣りを受け取り、横を振り向くと、扉は閉まり電車は僕を残し出て行ってしまった。



「あ・・・」

手に持った、イオンウォーターと閉じかけた財布・・・。




「おばちゃん・・・」
あんた、ホームにいるんだから、電車のこととか察しろよ。
もっと急ぐとかさ。

おばちゃんが悪いわけではないので、ぶつけることのできない怒りを覚えながら、イオンウォーターでのどを潤す。

「はあ。この水分も、走って消えちゃうんだろうな」
これからの自分を案じ、次の電車を待つのであった。

|

« 人の振り見て人の振り見て我が振り思う | トップページ | 店も店員もコーヒーも・・・まるで蜃気楼のように »

コメント

あるある~

男の人と3人ぐらいで同時にこれ!ってお金だすと
絶対に年配>男>私って感じの順序でお会計
うーん、モンク言わないと思って男性優先でやるんかな?


わたしだったら釣りはいらないぜ~って言っちゃうかもですね
¥500玉だったら、買うの辞める~~
というか、乗り遅れるのが、一番こまる

投稿: にゃんたん | 2006年8月19日 (土) 13時45分

あはははははははははは

と わらっちゃ いけねえ

しかし なんか かわいいー

りょーちんさんの 人の良さ つうか

おいおい それでも 暑いのさ って 言う 

必死さが GOOD で やんした (^^)

そーゆーこともー

あるあるーwww

投稿: まる | 2006年8月19日 (土) 20時00分

>にゃんたんさん

お釣りをもらわないというのは、考えてもいなかった・・・。
そうだね。そういう手もあった。てか、そうすればよかった。
はあ。今頃気づいた。

確かに僕がおじさんと並んで買っても、おじさんからになりますね。順番は。

ま、しょうがないですけど。

投稿: りょーちん | 2006年8月22日 (火) 01時47分

>まるさん

そうなのだ。それでも暑いのさ。
あのあとは、汗かきまくりだったぜい。
新陳代謝の悪い僕なのに。

暑い夏を再確認した、夏の出来事でした。

投稿: りょーちん | 2006年8月22日 (火) 01時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3114403

この記事へのトラックバック一覧です: 自分の身の上を案じ、さらに冷や汗をかく:

« 人の振り見て人の振り見て我が振り思う | トップページ | 店も店員もコーヒーも・・・まるで蜃気楼のように »