« 長野では「リンゴがぼけてる」という | トップページ | ネオンが異様に瞬くバッティングセンター »

2006年9月27日 (水)

たった一瞬だが、雨粒を挟んで一つになった

雨降る夜

踏切前

傘を差し、踏切が開くのを待つ僕。





雨は時に弱くなり強くなったりしている。

「早く家に帰りたい」

開かない踏切を目力で促す。





すると、隣に原付のバイクが止まってきた。

見ると、レインコートを被った若い女性が乗っている。

こちらを見た彼女と一瞬目が合う。





「・・・・・・」





踏切が開く。

バイクはエンジン音と共に、あっという間に去っていってしまった。

僕も前を向いて歩き出す。





目が合ったあの時、二人の思いは一緒だった。

「お互い大変ですね」

たった一瞬だが、何か相通じたような気がした。





雨はまだ僕を傘を濡らしている。

|

« 長野では「リンゴがぼけてる」という | トップページ | ネオンが異様に瞬くバッティングセンター »

コメント

『「お互い大変ですね」

たった一瞬だが、何か相通じたような気がした。』


あー なんか こういう時 あります ねww

迷惑な お客の乗ってる 一車両の中の人同士 とか…

「ねー やっぱそう思ってるよ ねー」

みたいな… 

一種の テレパシーみたいで 良いですよねw

投稿: まる | 2006年9月27日 (水) 08時13分

そこから恋もはじまることも・・・

投稿: ねろねろ | 2006年9月27日 (水) 19時46分

もう一度同じ出逢いが会ったらきっと恋が始まりますよ♪

投稿: 夕陽 | 2006年9月28日 (木) 01時53分

「私があけたのよ!」だったらかっこいいですねw

雨の日はみんなの重いが重なりそうな・・・♡

投稿: にゃんたん | 2006年9月28日 (木) 23時34分

>まるさん

そうですね~。
うん。雨の中、お互いにテレパシーのようなものを感じたのかもしれませんね。

ほんと一瞬のアイコンタクトでしたけど。

自分がその感情を抱いていた時だったから、敏感だったのかも知れませんね。

投稿: りょーちん | 2006年10月 1日 (日) 00時11分

>ねろねろさん

確かに可愛かった気がします・・・。

投稿: りょーちん | 2006年10月 1日 (日) 00時11分

>夕陽さん

そうですね。
二度同じことがあったら、そりゃあ運命の出会いですよね。

雨の中、踏切前。
同じシチュエーション、あるかなあ。

投稿: りょーちん | 2006年10月 1日 (日) 00時12分

>にゃんたんさん

踏切前にいた全ての人が同じ気持ちだったかもしれませんね。
重くなった全ての思いを受けて、あの踏み切りは開いていたのだなあ。

ほんと罪深い奴。

投稿: りょーちん | 2006年10月 1日 (日) 00時14分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3597414

この記事へのトラックバック一覧です: たった一瞬だが、雨粒を挟んで一つになった:

« 長野では「リンゴがぼけてる」という | トップページ | ネオンが異様に瞬くバッティングセンター »