« 青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕 | トップページ | 止まない雨はない。片付かないダンボールだって・・・ »

2006年10月27日 (金)

二度と書けない、この日記

5年いた我が家を後に、新しい家で生活をスタートする。
今日は我が家での最後の日。



普段、何気なくしていたことが、全て明日からはもうしないことなのだと実感する。

家への帰り道を歩くこと。
夜帰宅し、鍵穴に鍵を差し込むこと。
ベッドに横になり、天井を見上げること。
ここでブログを書くこと。
この部屋で過ごすこと・・・。

さほど愛着があった部屋ではないが、「最後」を実感すると、なんか寂しさを覚える。




明日からは、新しい生活が始まる。
これからの自分に言い聞かせたいと思うこと。

「明日は常に新しい」

つまり、何気なくやっていることでも、興味深くやっていることでも、
その日その時間はすぐに過ぎ去り、過去になっていくということ。
何もかもも大事にしていかなくてはいけないことなのだ。
一瞬一瞬を大事に。
時は待ってくれない。




この家で最後を迎えるよどんだ朝日が舞い込むこの朝に、このことを深く心に刻んだ僕だった。

多くの思い出と、新たな決意を持って、この家を巣立つ。

|

« 青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕 | トップページ | 止まない雨はない。片付かないダンボールだって・・・ »

コメント

引越しおつかれさま&新居おめでとうございます。
今度のお部屋でも色々なハプニングが切り取られてくるのだろうな、と日記楽しみにしてます:)

投稿: よこ | 2006年10月27日 (金) 09時01分

別れは常にさみしいものだけど…

新しい生活の新しい日々の日記を楽しみにしていますね♪

投稿: 夕陽 | 2006年10月27日 (金) 12時33分

お引越、お疲れ様。
私はこの春にチャンスを逃しました(泣)

「今」ってついさっきまで「未来」で、思った瞬間に「過去」になっていく。そしてその「瞬間」って二度と無いのよね。

だから日記とか書いたりするのかな?

お互い瞬間瞬間を輝いていたいね。

投稿: こばち | 2006年10月27日 (金) 20時59分

この日記、書いてよかったね。いつでもこれを書いた時のコト、思い出せると思う。
新生活も楽しんでね^^

投稿: うらら | 2006年10月28日 (土) 00時48分

引越したんですね、お疲れ様です!
自分も引っ越し結構やったけど、どんなに住み心地悪かったとこでも荷物を全部外に出した後の部屋見るとなんか寂しかったです。

また新たな思い出作ってってください!

投稿: kazu | 2006年10月28日 (土) 01時30分

皆さんのコメントいいですね。

新居での生活も今まで通り、『前向き』志向で!

きっとまた素晴らしい思い出が出来るはずです。

投稿: shusaku | 2006年10月28日 (土) 11時54分

巣立つって言葉がいいですね
お引越しおめでとうございます
新しいおうちで、また面白いブログをつづってくださいね^^

投稿: にゃんたん | 2006年10月30日 (月) 02時58分

『「明日は常に新しい」』

そうですね、本当に…

学生時代4年住んだアパートを引き払い、いざ東京へ行く前の晩…
そのとき付き合い、ほとんど共に生活していた彼氏と、何もなくなった部屋で その部屋とのお別れをしました。

東京に行っても 続くと思っていた彼も、
その部屋での生活のお別れと同時に、気持ちがお別れしてしまいました。

…そんなことがあろうとも 毎日 時間は新しく積み重ねられますね。

りょーちんさんも 新しい部屋で、また新しい時間を積み重ねて行ってくださいね(^^)

投稿: まる | 2006年10月30日 (月) 10時07分

>よこさん

ありがとうございます。
引越しは無事完了しました。

これからは、この新居から、いろいろな生活、人、もの、関係など切り抜いていきますよ~。

よろしくです。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 01時53分

>夕陽さん

そうですね。

愛着があまりなかった部屋でしたが(とは言いながら、5年もいましたが)、荷物を全て片付け、部屋を出るときには、感慨深いものがありました。

「ありがとな」
なんて、部屋に語りかけちゃいましたもの・・・。


これからは、こちらの新居でいっぱい書いていきます~。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 01時55分

>こばちさん

ありがとうございます。

僕が書くこのブログは、僕がそこで感じたことを切り抜き、その思いをみんなに読んでもらいたいからに他ならない。

「僕はこんなことを感じている」
「僕は、こんなフィルターで物事、人たちを見ている」

つまり、そのときそのときの僕の思い、僕自身を公表しているのだ。

それに対して、こうやってコメントをいただけるなんて、ほんと嬉しいことです。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 01時59分

>うららさん

ありがとう。
こうやって、引越しから4日が経ち、前の部屋から離れた今でも、この日記を読むとそのときの気持ちが思い出されて、センチメンタルになります。

新生活、楽しみます~。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 02時01分

>kazuさん

僕も同じ気持ちでした~。
なんか、とても寂しかったよ。
ここに引越して来た時のことが、突然フラッシュバックのように僕の頭の中にやってきた。ビックリしました。

5年間、あっという間でした。

そう。あっという間だからね、大事にしなくちゃね。時間は。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 02時03分

>shusakuさん

ありがとうございます。

今、ダンボールに追われている毎日ですが、隣の人との出会いだったり、もう新しい出来事が起き始めています。

これからがとても楽しみです。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 02時05分

>にゃんたんさん

ありがとうございます~。

「巣立つ」
この言葉がとても合うような気がしたんです。
「新しく何かが始まる・・・」
僕の中で直感めいたものが、それを察したんだと思います。

ま、引っ越しするんですから、新しい生活は当たり前のように始まるわけなんですが。


投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 02時07分

>まるさん

引っ越しと共に、気持ちもリセットされてしまったのでしょうか。とても寂しいですね。

はい。
楽しい生を送っていきます。

これからもどうぞよろしくです。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 02時15分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3969433

この記事へのトラックバック一覧です: 二度と書けない、この日記:

« 青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕 | トップページ | 止まない雨はない。片付かないダンボールだって・・・ »