« 悪魔に魂を売ろうとする男 | トップページ | さあ、学習しよう。「2ー1=1」 »

2006年10月15日 (日)

秋晴れに誘われたのは僕だけではなかった

ホームで立って電車を待っている僕。



隣に、6歳くらいのかわいい男の子が座っていた。
頭には、ヤクルトスワローズのキャップ。

「最近、野球の帽子を被った子、見なくなったなぁ」
自分の少年時代にその子を重ねて、なんだか微笑ましくなった。




すると、トイレに行っていたのだろうか、その子の父親が彼の隣にドカンと座ってきた。
頭には、スワローズの帽子。

「あ、二人で野球を見に行くのか」
確か今日、ヤクルト対巨人戦が神宮であったな。

二人が同じ帽子を被り、同じ顔して電車を待っている姿に、さらに顔を崩した僕だった。

|

« 悪魔に魂を売ろうとする男 | トップページ | さあ、学習しよう。「2ー1=1」 »

コメント

そうかもね、、、
かつて、男の子は「大統領になるか、プロ野球選手になるか、指揮者になるか」って言われたらしいけれど、、、。

なんだか現実は。。。
野球よりサッカーがカッコイイみたいだし(笑)

親子で同じキャップ、っていうのが何だかロマンがあるよね。多分、男の子は半分は洗脳されてかぶっているんだろうし、いつか違うモノになるのかもしれないけれど。。。。

夢があるな、、、、ってりょーちんさんの日記を見て思いました。

投稿: こばち | 2006年10月15日 (日) 22時06分

小さな男の子連れて野球観に行く親子は
パパの方がたいてい
とってもうれしそうですね!

投稿: 夕陽 | 2006年10月16日 (月) 00時22分

あは~ こりゃまった 微笑ましい(^^)

きっと その少年は 忘れないんでしょうねー その日のこと。

私も昔 兄と兄の友達と 父に 甲子園 連れてってもらいましたね~ めっちゃ 覚えてます

兄とその友達の頭には タイガース帽…

しかし… 父は カープファンだったので、応援席はカープ側…

なんだか 浮いてるんじゃ…?というような感覚を 幼ながらに持ちました~ ははは~

投稿: maru | 2006年10月16日 (月) 14時31分

>こばちさん

僕も野球チームのキャップを小さい頃に被っていた口なのですけど。
なぜかね好きな巨人の帽子を買ってもらえなくて、ロッテやら、近鉄やら、広島の帽子を買ってもらっていました。

あれは何故だったのでしょうかね。

ま、どうでもいい話ですが。

投稿: りょーちん | 2006年10月17日 (火) 00時41分

>夕陽さん

そうですね。
お父さんが一番嬉しいのでしょうね。

僕も子どもが出来たら、一緒に野球場に行きたいなって思いますもの。一緒に行けたら、自分が一番はしゃいじゃうなあ。

投稿: りょーちん | 2006年10月17日 (火) 00時42分

>maruさん

そうですね。忘れないのでしょうね。

僕も、一番最初にプロ野球を見に連れて行ってもらったこと忘れてないですもん。
確か、東京ドームが出来たときだったかな、巨人戦を見に連れて行ってもらいました。

うれしかったなあ。

親とまた行きたいなあとも思います。

投稿: りょーちん | 2006年10月17日 (火) 00時45分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3812723

この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れに誘われたのは僕だけではなかった:

« 悪魔に魂を売ろうとする男 | トップページ | さあ、学習しよう。「2ー1=1」 »