« 猫の目のように変わりやすい | トップページ | 10月7日、誕生日を迎えちゃいました »

2006年10月 6日 (金)

昔の彼女からの手紙が僕に届いた

引越しまで、あと十数日。
片付けはなかなかすすまない。空いている時間を使ってやっているのだが。
なかなか捨てられない性格のせいか、荷物が大きく貯まっている。

今回の引越しでは、荷物を大きく片付けて行こうと決意した。
必要なものだけあればいいし、部屋は広く使いたい。
今家にある、使わない多くの物が捨てられることになるのだろう。



今日は、今まで捨てられなかった手紙類を片付けることにした。





「懐かしいなあ」
大学時代にもらった年賀状が出てくる。
「今、あいつ何をしているのだろう」
取って置きたかったが、住所もメモってあるし、来年久しぶりに年賀状を出すことにしようと、捨てることにした。

・・・と、いらない手紙、いる手紙を整理していると、


「あ・・・・・」


黄緑色をした、昔の彼女からの手紙の封筒が出てきた。
僕が若かった時に付き合っていた、彼女。

「・・・・・」


彼女に未練があって取って置いたわけではないのだけど、なんだか捨てられず書類ケースに置いてあった手紙。



見ないで、そのまま捨ててしまえばよかったのだけど、
指が勝手に封筒を開け始め、嫌々ながらも(ほんとは望んでいたのだ)久々に手紙に目を通すことにした。



彼女から別れを切り出された手紙だった。





若かりし僕が犯した、数々の過ち。
彼女からの痛い言葉が、今でもそのときの僕を思い起こさせ、心を痛くさせる。
僕の独りよがりな言葉が、行動が彼女をいっぱい傷つけていた。



「もう一度謝りたいな」
僕の心はいたたまれなくなり、会って、謝罪したい気持ちに取り付かれた。
あの時あんなことを言ってしまったこと、あんなことをしてしまったことを深く謝りたい。
そう強く感じた。



「いいや。それこそ独りよがりだ」
その気持ちをすぐに打ち消した。

彼女の前に僕が出て行くことが、ベストな選択では全くない。
今、彼女は彼女の人生を送っている。
それを僕が出ていって、何を昔のことを謝るのだというのだ。
僕の痛い気持ちを打ち消したいだけじゃないか、そんなのは。
単なる、自分甘えの独りよがりだ。




最後まで目を通し、手紙を破る。



彼女との恋愛の失敗から、多くのことを学んだ。大人になった。
失敗をしたから、今こうして好きなことをし、生きていけることができる。
失敗があるから、失敗したことを反省し、次に生かすことができる。





「今、何をしているのだろうか」
結婚をしているのかもしれないな。
もう会うことは二度とない。


今、僕ができること。
彼女の幸せを遠くから願うこと・・・。

|

« 猫の目のように変わりやすい | トップページ | 10月7日、誕生日を迎えちゃいました »

コメント

映画のワンシーンのようです。
自分も切なくなりました。
二度と会わないことが
遠くから幸せを願うことが
最大の愛情表現であることもあるのですよね。

投稿: riri | 2006年10月 6日 (金) 05時51分

もう会うことは2度とない。
確かにそうだよね。
私も時々思うこと。
あの人今頃何してるんだろうなぁ~って。

いろいろな経験が今の私を作ってくれているんだもの。
これから先もずっとね。

投稿: YAKO | 2006年10月 6日 (金) 11時31分

どきっとさせられる内容で思わずコメントしちゃいます。
「単なる自分甘えの独りよがりだ」ってとこ。
ほんとにねぇ…どきっとしました。
前を向いて歩いていかないとね。
振り返るのはいいけど、それをいい方向に生かせればね。
でも、後ろ向きはダメですね。

投稿: さいちゃん | 2006年10月 6日 (金) 23時49分

いいお部屋みつかったのでしょうか?
よかったですね〜

男の人の方がこういう気持ち強いみたいですね。

投稿: 夕陽 | 2006年10月 7日 (土) 01時42分

『彼女の前に僕が出て行くことが、ベストな選択では全くない。
今、彼女は彼女の人生を送っている。』

あああ やっぱり りょーちんさんは 大人だ…

私は 何回も 「今更だけど…ごめんね」と メールを打ってしまいました…

『独りよがり』…まさしくです。

なんか 学ばせて 頂き ましたっ

投稿: まる | 2006年10月 7日 (土) 10時27分

そこから違う時間が流れていたんだと思います

私も出来ることならわびたい人いますよ
(しないけど

投稿: にゃんたん | 2006年10月 7日 (土) 22時48分

>ririさん

そうだと僕は判断しています。
人によって違うでしょうから。

よりを戻すカップルもいるでしょうし。

お互い違う道を歩き始めていると、それは難しいのでしょうけどね。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時24分

>YAKOさん

そうだね。
恋愛でも人生でも、いろいろ失敗しました。
その経験が今に役に立っているのだと思います。

「失敗して学ぶ」
二度と同じ過ちはしないよう、僕の教訓です。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時26分

>さいちゃん

初コメントありがとうございます~。

うん。前を向かないとね。
ただ、歩んできた道はあるわけだから、同じ過ちはしないよう、歩んできた道を振り返るのも大事だよね。

何かを引きずる後ろ向きは駄目だね。

うん。ありがとう。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時28分

>夕陽さん

部屋みつかりました。
ありがとうございます。

男はね、女々しいもので・・・。
困った生き物です。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時29分

>まるさん

いやあ、まるさん。
僕も毎日勉強で、まだまだガキな部分がありますよ。
間違えることも多いしね。

謙虚に自信もって、歩いて行きたいですね。
これからの人生。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時31分

>にゃんたんさん

そうですね。

今は別れてよかったと思っています。
あのまま付き合っていても、僕は何もわからず何も変わらなかったでしょうから。

投稿: りょーちん | 2006年10月 8日 (日) 00時32分

明け方この日記見て眠ったせいか、わたしも学生時代なにをちまよったかわたしがふっちゃったんだけどとっても好きだった人が夢に出てきちゃったよ~もうもうどうしてくれちゃうの、りょーちん☆
楽しい夢で、ありがとう~だったけど(^^ゞ

昔好きだった人~とかの切ない物語、ってあるよね。
過去は過去でも、でも、今なにやってるんだろね。
知りたくないけど知りたくもあるな*^^*

りょーちん引越しの片付けがんばってね!
一掃できてるりょーちんが、心底うらやましい~
手紙類は住所を控えて捨ててしまう、いい事聞きました!ありがとう!
わたしも手紙類、しまう場所がなくなってて困ってました。

共感するところいっぱいなお話だったな*^^*

投稿: よーこ | 2006年10月11日 (水) 00時17分

>よーこさん

今まで片付けられなかったのだけどね。

せっかくのいい機会だから、一掃することにしました。

昔の楽しかった経験、悔しかった経験、悲しかった経験・・・などなど全ての経験は、僕の頭の中に入っていますから。
これは、死ぬまで僕の頭の引き出しに閉まっておくのでしょう。

思い出すことはあまりないのでしょうけど、これはこれでいい経験ですから。

投稿: りょーちん | 2006年10月11日 (水) 00時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3705415

この記事へのトラックバック一覧です: 昔の彼女からの手紙が僕に届いた:

« 猫の目のように変わりやすい | トップページ | 10月7日、誕生日を迎えちゃいました »