« 心変わりは誰のせい? | トップページ | 二度と書けない、この日記 »

2006年10月26日 (木)

青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕

青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕

先日買ったスーツを身に包み、仕事に出かけた。

昨日の雨とは打って変わり、真っ青な青空。

「新しいスーツ日和だな」
何より、買ったばかりのスーツを雨で汚す心配がなくてよかった。




電車に乗りながら、外に流れる街並みを見送る。

「ビルは青空に映えるな」
ふと、そんなことを思った。

ビル一個一個の輪郭がくっきりと映え、浮き出て見える。

普段、ビルなど意識して見ることはなかったのに、青空に照らされたビルは見ていて飽きない。

「ま、曇り空も雨空も味があるのかもしれないが・・・」





「新しいスーツを着た僕も、この青空の中では映えてみえるのかな」

電車から降り立ち、ビル群の中を歩きながら、そう思った。

ただ、そう思った。

|

« 心変わりは誰のせい? | トップページ | 二度と書けない、この日記 »

コメント

このビル群どこかしら…
きれいな空ですね。
東京は空が狭いとか言われるけど、東京育ちの私は、木の森じゃなくてビルの森を見るとほっとしてしまうのよね。

私もめったにスーツ着ないんで、天気悪いとへこむ。靴も汚れるし。
天気よくてよかった。

投稿: さいちゃん | 2006年10月26日 (木) 18時33分

>さいちゃんさん

僕は地元は木の森が多いところなのだけど、都会に何年もいるせいか、こちらの森になれてしまいました。

「うわ~」
って思うことはもうないし、それが当たり前のようになっています。

逆に、新潟とか地元に帰ったとき、自然のすごさに圧倒されてしまいます。

投稿: りょーちん | 2006年11月 1日 (水) 01時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/3954402

この記事へのトラックバック一覧です: 青い空、グレーのビル、黒いスーツの僕:

« 心変わりは誰のせい? | トップページ | 二度と書けない、この日記 »