« 「2」と「3」の異なるカテゴリー | トップページ | 四角い光 »

2006年11月30日 (木)

癒してほしいのは僕のほうだ

友人の家に遊びに行くことになった。1年振りに。

駅に着いて、
「記憶を辿りながら向かいます」
なんてメールを送ってみたが、ものの数十メートルで途切れた。

「ここはどこだ?」

再度駅前まで戻り、記憶を再検討する。

「あ、こっちか」
崩れかかった己を信じ直し、再び歩き出した。






なんとか記憶を蘇らせようと、辺りをくまなく見ながら歩く。どこかに思い出せる情報があるはずだと。

商店街をふらふらと、目を上へ下へと動かしながら歩く僕。
周りの人はどんなに奇妙に思っただろう。

そんな中、僕も奇妙に思うことがあった。

「やたらに接骨院があるな」
そうなのだ。半径20Mくらいの間に3軒から4軒くらいの接骨院が1階に2階にと並んで構えていた。

「そんなに必要性があるのかな」
この辺りは、商店街を抜けるとすぐに住宅街。近くには大きな公園もある。

「公園で運動をする人たちがよく使うから需要があるのか、それとも癒しをテーマにした街づくりなのか」

後者だったら面白い。
今のこの僕を癒してほしい。
友達の家につけるか不安の塊なのだ。






そんなことを思っていると、友人が自転車で迎えに来た。

「迷っちゃってさ。曲がらなくていいところ曲がっちゃった」
会えた安堵感からか、最初の強がりなどどこかに消えてしまった。

「わかりにくいんだよね」
友人は笑みを浮かべて僕に言う。

「今度来るのが一年後なら、また忘れているよ」
二人で笑いながら、静まり返った住宅街を歩いていった。

|

« 「2」と「3」の異なるカテゴリー | トップページ | 四角い光 »

コメント

ん~!
一年ぶりの道・・・・。
私だったら迎えに来てくれた友達にも
会えないくらいに道に迷ってたに違いない!!
私と会う機会があったら
とっても分かりやすい場所で・・・いや・・・
赤いバラをポケットにさして待っててください(笑)。

投稿: まっちゃん | 2006年11月30日 (木) 02時11分

『「今度来るのが一年後なら、また忘れているよ」』

わたしは 道に関しては
とんでもなく記憶できない脳みその構造の持ち主です…

例えば大好きな街、下北…、あの小さな街の全体像を知るのに、どんだけ時間がかかったことか…

絶対次行ったら忘れてますわぁ~

投稿: maru | 2006年11月30日 (木) 07時56分

大きな町だったりすると行くたびに
建物やお店が入れ替わってしまっていて
全然目印にならなかったりしますよねえ

私は迷わない方だけど
新興住宅地は同じに見える家がいっぱいでだめ(>_<)

投稿: にゃんたん | 2006年11月30日 (木) 23時45分

>まっちゃんさん

はい~。

バラの花束を抱えて、お迎えにあがります~。

投稿: りょーちん | 2006年12月 8日 (金) 00時23分

>maruさん

下北沢は特殊ですよね。
ほんと、入り組んでいますし・・・。

僕も慣れるまで、とても時間かかりました。
今はどこでも案内できますよ~。

投稿: りょーちん | 2006年12月 8日 (金) 00時24分

>にゃんたんさん

そうなんです。
家しかないと、目印たてようがなくてね。

何回も通っているのに、いまだに自信なく行く友人宅があります。

投稿: りょーちん | 2006年12月 8日 (金) 00時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/4363282

この記事へのトラックバック一覧です: 癒してほしいのは僕のほうだ:

« 「2」と「3」の異なるカテゴリー | トップページ | 四角い光 »