« 何度でもいい足りない、この言葉 | トップページ | とある文字を考察する »

2006年12月 9日 (土)

電車の中で思いは巡る、巡る。

電車の中で…

雨の日だからか、電車は遅れた挙げ句、中は人でごった返していた。

「参ったなあ」
とは思いながらも、次の電車までは間があり、乗り込むことにした。

目的地までの時間、ぼぉっとすることにした(意図がそれほど入っていたわけではないが)。

と、その思いを遮りように、目の前に座っていた目がクリクリして、眉毛をゲジゲジにした男の子が急に立ち上がって辺りを見渡し始めた。

僕は気になり彼をしげしげ眺めると、隣にいた同じように目をクリクリさせ、眉毛をゲジゲジにしたおばさんがこちらを睨んできた。

「う、似てる」
声には出さなかったが、遺伝子の強さと、雨の日に二人でお出かけする光景に、とても微笑ましくなった。

そして、前にブログで書いた
「同じ野球帽をかぶる親子」
のことも思い出した。

「いいなあ。親子って」
そういえば、今日、親父とお袋と亡くなった祖母と一緒に、何故かパチンコ屋に行く夢を見たなあ。

そんなことをぼぉっと考えた。

|

« 何度でもいい足りない、この言葉 | トップページ | とある文字を考察する »

コメント

電車の中でそっくりの親子や兄弟みると可笑しくてたまりませんよね〜

投稿: 夕陽 | 2006年12月 9日 (土) 22時19分

私とおねえちゃんは、超似てるらしいんですけど…
私の知り合いがおねえちゃんの写真見て、爆笑しました(-_-;)
写真の方が似てるらしくて。
爆笑しなくったって…
声は、親でも判別不能です…

投稿: さいちゃん | 2006年12月10日 (日) 21時51分

>夕陽さん

ほんとですね。

僕は小さい頃は、母親にそっくりだって言われていて・・・。
最近は親父に似ているって言われるのだけど。

自分では、声が親父にどんどん似てきて、発する度に発見している自分がいます。

投稿: りょーちん | 2006年12月11日 (月) 13時19分

>さいちゃんさん

僕には弟がいるんですけど、これがまた、似ていないんですよ。
声も顔も違うし。

ただ、これは僕の主観であって、人から見たら、似ているのかもしれないですけどね。
自分じゃわからん。

投稿: りょーちん | 2006年12月11日 (月) 13時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/4479801

この記事へのトラックバック一覧です: 電車の中で思いは巡る、巡る。:

« 何度でもいい足りない、この言葉 | トップページ | とある文字を考察する »