« 「突然・・・」 | トップページ | 僕がボーズになった訳(仮) »

2007年1月18日 (木)

徐々に秘密が明らかにされていく

僕が電車に乗り込むと、後ろから、女子高生の集団が乗り込んできた。
そこでドアが閉まる。




夕方。

学校帰り、会社帰りの人を乗せ、電車はほぼ満杯である。

僕の隣の女子高生の集団は、皆、背が高い。

「うちの近くにある高校のバレー部の人かな」
なんて推測する。




各駅停車は、次の駅に停車する。




すると、集団の中の一人が、外を見て、
「ねえ、あそこ、ホームの上にいるオンナの人。ジャンプしてた」
と、周りの女の子に言う。

他の女の子はドア越しに外を眺める。

「おかしくない~?ジャンプしそうもない人だよ」

清楚な感じの後姿は、僕が見てもそんな行動をとらないような人だった。

「もう一回ジャンプしてくれないかな」
何故かお祈りポーズをとる、見たと公言する女子高生。

「だって、腿上げするようにジャンプしたんだよ。おもろいわ~」




腿上げ・・・。

あんたたち、バレー部に決定。




各駅停車は駅を離れる。




「おなかいっぱいだわ」
また違う女子が言う。

あたりは何故か揚げ物の匂いが漂う。
何だろう、女子高生のあたりから何故か匂う。
さっきからずっと気になっていた。

「あのから揚げ弁当、おいしかったよね」




から揚げ弁当・・・。

あんたたちだったのね。了解。




各駅停車は次の駅に止まる。
乗り換えるために、降りる。
女子高生たちも降りる。

他の線のホームへ移動する。
そしてホームに立つ。
何故か、隣にあの女子高生集団もいる。

違う車両に乗り込もうと、立つ場所を少し移動した。

|

« 「突然・・・」 | トップページ | 僕がボーズになった訳(仮) »

コメント

やつらこわいものなしだね^^;

投稿: にゃんたん | 2007年1月20日 (土) 23時27分

>にゃんたんさん

ほんと。

既に天下統一でしょうか。

投稿: りょーちん | 2007年1月25日 (木) 01時37分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/4974451

この記事へのトラックバック一覧です: 徐々に秘密が明らかにされていく:

« 「突然・・・」 | トップページ | 僕がボーズになった訳(仮) »