« お前はそれでも去年がよかったって言うのか | トップページ | その背中を懸命に追いかける »

2007年1月 3日 (水)

僕らはサンダーバード乗組員

新幹線の中。



荷物を抱え、帰京する。
帰省するときと違い、ラッシュを逃れられたからか、ぽつんと空いた席に座ることができた。




僕が座り、全部埋まった車両。




進行方向に向かって座る乗客。




前を向いて座って、移動していく人々。




おもろい!!




みんな整然と前に向いて移動されていくのだ。
特に新幹線は(特急もそうだが)、座席が進行方向に向くようつけられているから、後ろから後ろ頭の乗客を眺める姿は、妙に均一で機械的で面白かった。
(もちろん、僕もその一員なのだが)






滑るように移動していく、されていく僕らは、間もなく東京に着く。



そして、否応なく、機械化された日常が待っている。

|

« お前はそれでも去年がよかったって言うのか | トップページ | その背中を懸命に追いかける »

コメント

サンダーバード、分かる気がする。ちなみに私の高校時の担任はサンダーバードに出てくるようなキャラでした。
また、忙しい日々が始まりますね。

投稿: キクチサチ | 2007年1月 4日 (木) 19時06分

>キクチサチさん

サンダーバードに出てくるキャラの先生って・・・。
きっと愛された先生なのでしょうね。
動きがカクカクしているのかしら。

帰ってすぐに、東京での生活に慣れてしまいました。
ここでの生活が、今の僕には合っているのでしょうね。

投稿: りょーちん | 2007年1月 6日 (土) 22時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/34181/4782935

この記事へのトラックバック一覧です: 僕らはサンダーバード乗組員:

« お前はそれでも去年がよかったって言うのか | トップページ | その背中を懸命に追いかける »